日記 | 日刊!うんちく仙人の情報局

日刊!うんちく仙人の情報局では、美容と医学、旅行や趣味、テレビとスポーツや芸能、ニュースなどの情報をお届けしています。

ブログは永久に不滅です!!

ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム

記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • 幼児教育・・・幼児教育と幼稚園の選び方について

幼児教育・・・幼児教育と幼稚園の選び方について

幼児教育を行いたい時に、どのような幼児教育をさせたいのか、と云う事で幼稚園選びは違ってく。

多種多様な幼稚園で、おおくの形で幼児教育が実行されている。

幼稚園選びでは、どのような事に注意しなければならないのだろうか。


近頃では知的教育を普通保育の中で実践する幼稚園の需要が高まってる。

また、スポーツ教室や体操教室等、知的な教育以外の事も実践する幼稚園も増大している。

中には簡単な計算を教えてくれたりとか、英語の授業を行ったりしているところも有る。

親として同じ費用を払うのであれば[多少なりともメニューの少なくない幼稚園を]と云う意識が有る。

親としては、少々高くても[より良いメニューが充実している幼稚園を]と云うところだろうか。


幼稚園で何か問題が生起した時に、幼稚園がどう対処するのか、と云うところも幼稚園選びの肝心なポイントになっていく。

幼稚園での生活を上手に行っていく為には、幼稚園の対応が途方もなく大きな問題になってくるのである。

例を挙げると、こどもが他人にケガをさせてしまったとき、こども同士で大きなトラブルが生起した時等である。

問題が生起した時に、関係する親に連絡をとり、当事者同士で問題の解決を委ねる幼稚園が増大している。

幼稚園で生起した問題は基本的に幼稚園で解決する、と云う姿勢やポーズをとってる幼稚園が望ましいとおもう。


よりよい幼稚園選びには情報収集は不可欠である。

公民館や公園等で、現実にとおってる子供の親の生の声を聴いてみるのも良いだろう。





[PR]
  • ヤマハXJRのマフラー管とステーを交換
  • ヘルメットペイントでオリジナルを作成するための価格相場
  • 自動車税の金額や督促状&延滞金にかんして
  • 軽自動車の車検金額を格安にする方法
  • トヨタ クラウンワゴン 中古車市場の価値

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と幼稚園の選び方パート2

    幼児教育・・・幼児教育と幼稚園の選び方パート2

    充実した幼児教育を行ってる幼稚園が良いとおもう事は、全部の親に共通しているようである。

    しかし、親が良いとおもう幼稚園と、こどもが良いとおもう幼稚園はちがってくるケースの場合も有る。

    現実にこどもを幼稚園に連れて行き、こどもの目線で幼稚園を選択すると云う方法も有る。

    幼稚園に拠っては、園内を解放してちっぽけなこどもと親が遊びにいける機会を設けているところもあるのである。

    このような機会を活用し、こどもに幼稚園を選ばせるのも良いのかも知れない。

    何回か幼稚園に通ううちに、幼稚園がこどもにどう接触しているのか等、外観からは分かる事ができない部分もみえてくると云う。

    親にしてみれば幼児教育が充実した幼稚園を選びたいとおもうが、親の気持ちたけを優先すると失敗するケースもあるようである。

    こどもが選択する幼稚園では、1人1人の個性を肝心にし、発達プロセスに合わせて接触してくれるところが少なくないようである。

    幼稚園選びでは親の視線より、こどもの視線で選択すれば失敗は多くはないと云われている。


    知的教育以外にもスポーツ教室や体操教室等、幼児教育の充実した幼稚園に通うこどもは疲労を感じている、と云う報告もあるようである。

    食事を例にとれば、こどもにとってみれば相当のメニューがあれば[あれもこれも口にしてみたい]となる。

    しかし、食べすぎてしまうとお腹の具合を悪くする。

    このようなところを親がよく見定める事が肝心であるとおもう。

    幼稚園での幼児教育、食事等は腹八分目で良いのじゃないか、と云う意見もあるようである。





    [PR]
  • 冠婚葬祭の服装マナー
  • 電動車いすのカタログ・価格・補助金等
  • レース糸の激安通販について
  • クロネコヤマトのメール便速達とその料金
  • 修正テープの仕組みとはがし方

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と脳への刺激について

    幼児教育・・・幼児教育と脳への刺激について

    幼児教育では脳への刺激が肝心であると云われている。

    脳が急速に発達する3歳くらいの時期に幼児教育を実践するとよい、と云う考えが有る。

    脳への刺激は3歳位の敏感な時期に行わなければならず、あとになってからでは遅いと云う話も聴いたりするが本当だろうか。


    そもそも脳の発達とはどのような事を指すのだろう。

    脳の発達とは脳細胞のつながりの事をいいる。

    脳細胞には突起がついており、その突起同士に電気がとおりやすい回路をつくっていく事に成る。

    脳が発達すると云う事は、このつながりが上手に出きて機能が飛躍的に向上する事を指すようである。

    脳の細胞は100億以上あると云われているが、これらの細胞が複雑な回路を組み上げていくのである。

    しかし、これらおおくの組み合わせも、全部使用するのかと云うと、そうじゃないのだ。

    使用しない組み合わせは解体されていく。

    組み合わせを作成する仕事と解体していく仕事は一生つづくと云われている。

    3歳までに造られた組み合わせも使用しなければ解体されてしまうのである。

    おおくの刺激を3歳までの脳にあたえたとしても、使用しなければ消滅してしまうのである。


    おおくの刺激を受動的に受けると云うより、自発的な刺激を受ける雰囲気と機会を作成してあげる事が肝心であるようである。

    テレビをずっと見せているよりは、自然の中で風を実感したり土の匂いを実感したり、虫と戯れたりと云う刺激が脳にとっては良いようである。

    結果を云えば、特別な刺激を与えなくても良いようである。





    [PR]
  • プカポンはカネボウフーズの粉末駄菓子だ
  • 相続税の税率計算と基礎控除、贈与税
  • 固定資産税の計算方法と評価額計算の仕方
  • 税源移譲と住民税還付・住宅ローン控除
  • 一時所得扱いの税率と役員退職金

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とバイリンガルについて

    幼児教育・・・幼児教育とバイリンガルについて

    これからは国際化の時代であると云われている。

    その為、わが子にはバイリンガルになって欲しいとおもう親もたくさんいる。

    英語が上手に談じる事の出きない親であればなおさらである。

    英語のビデオを見せたり、英語の曲を聞かせたりして、早期から英語の幼児教育に取り組んでいる。


    言葉の習得は、その言葉が必要であるかどうか、もしくはその言葉を談じる事による喜びがないとマスターされない。

    英語の刺激をあたえたとしても、自身の役に立たなければ記憶から消失してしまうのである。

    脳細胞も使用していない回路は解体されてしまう。

    アメリカで6歳まで生活して英語を自由に操る事が出きる子供であっても、日本に帰国したら即座に英語がしゃべれない子供に成ると云う。

    現実にこのような子供はたくさんいる。

    日本で生活するには英語は必要でないからである。

    もしくは、英語を談じる事による喜びを6歳では見出す事が出きないからである。

    幼児期ではなく、もう少し大幅になれば別の目的を探し求めて、なぜ英語をマスターしなければならないのか、と云う目的に向かって学習出きる。

    このようなケースの場合であれば英語も記憶に残っていく。


    小さい幼児に相当の刺激をあたえたとしても本当に必要でなければ身にかんしていかないのだ。

    刺激をあたえるだけの幼児教育は全く意味が無いと云われている。

    英語をマスターさせたいのであれば、英語を談じたり聴いたりする事による喜びを幼児にあたえてあげる事が肝心であるようである。





    [PR]
  • 八重洲コンタクトレンズのクーポンや店の噂
  • 水いぼの写真画像、薬と予防・治療法
  • visaカードでポイントを貯める裏技
  • 高山質屋の宅配買取りサービスや評判店舗の評判
  • 国際投信投資顧問への転職や悪徳会社

  • 幼児教育・・・幼児教育は芸術教育だ

    幼児教育には音楽や絵画、ダンス等の芸術教育も有る。

    多種多様な教室で芸術領域の教育に取り組んでいる。

    早期からこの領域の幼児教育に取り組む事により、豊かな感受性やリズム感を発達させる事を目的とするものである。

    感受性やリズム感は早期から学ばせたほうが、より敏感に成ると云う考えも有る。

    例を挙げると絶対音感が有る。

    絶対音感は2歳や3歳くらいで訓練するとマスターが早いと云われているが、6歳を超越すると訓練してもマスターする事は出きない。

    絶対音感にかんしてのマスターは科学的に証明されているようである。


    多種多様な色や音に接触して、そのプロセスをエンジョイしたり体験したりする事で神経の働きはよくなる。

    小さい頃にリズムに合わせて体をシフトさせる事が出きれば、大幅になってもリズムに合わせて体を動かせるように成るだろう。

    しかし、これらの早期の幼児教育が抜きん出た才能につながっていくのだろうか。

    早期からの幼児教育の結果、その領域が多少得意に成る、と云うレベルであるようである。


    その為、音楽や絵画、ダンス等を習わせたい時には子供の感性や発達段階に見合った方法で習わせたら良いようである。

    指導の仕方をよく調べ、こどもにとって丁寧で無理のない方法で習わせる事が肝心であるようである。

    そもそも、3歳や4歳くらいで芸術領域での上達を求める事は無理であるようである。

    芸術領域の幼児教育は上達を求めると云うより、楽しく遊びながら感覚を訓練する事に目的があるようである。





    [PR]
  • ホテル リッチモンド博多(駅前)の口コミ・評価
  • リッチモンド松本の立地、料金、客室
  • 宿泊施設リゾナーレ小淵沢の口コミ
  • リゾート会員権の時価、売買、売却等
  • 楽天トラベルやじゃらんでも人気のエアラインホテル

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育における絵本について

    幼児教育・・・幼児教育における絵本について

    幼児教育の第1歩として子供に絵本を詠み聞かせる人は少なくないとおもう。

    幼児教育のつもりで絵本を子供に詠んであげても、絵本と関係のない話をしはじめたり、遊びはじめたりとなかなかどうして集中してくれない時が有る。

    絵本の好きな子供にする方法はあるのだろうか。


    乳児期から絵本を詠み聞かせる習慣がなかった為に子供が親の詠み聞かせにかんしてきてくれないときが有る。

    これは親と子供のコミュニケーションが上手にとれていない事に原因があるようである。

    絵本が嫌いな子供は一般的にいないと云われている。

    もし、子供が絵本に集中出きないとしたら、あたえている絵本が子供の年齢に合ってないか、絵本を詠もうとするアプローチの方法に問題があるようである。


    詠み聞かせをする時は子供が集中する環境をアレンジしてあげる事は勿論、親も集中出きる環境をアレンジする事が重要となってく。

    空いた時間を心任せに埋めようと云う気持ちで絵本を詠むのではなく、落ち着いた気持ちで詠む事が肝心であると云われている。

    他の事に気をとられつつ絵本を詠んでいると子供は敏感にその事を実感出きるようである。

    子供が[自身のほうを向いている]と実感する事が肝心である。


    子供が絵本の詠み聞かせを心地よいと実感する事は、親が絵本を通して[自身のほうを向いてくれる]と云う事にあるようである。

    その為、[言葉をおぼえなさい]とか[集中して聞きなさい]等高圧的な態度をとると子供はそっぽを向いてしまうようである。





    [PR]
  • 法人税と消費税の中間納付&還付税額
  • 法人税と消費税の中間納付&還付税額
  • 建物や家(住宅)の解体費の費用と経理処理
  • 確定申告の印鑑と実印登録
  • 電子印鑑作成方法と印鑑のスピード作成方法

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育の絵本の選び方について

    幼児教育・・・幼児教育の絵本の選び方について

    幼児教育の一環として絵本を子供にあたえる人は少なくないようである。

    しかし、絵本の種類があまりにも多すぎるため、どのような絵本を選択したらいいか把握できる事が出きない、と云う人もいる。

    幼児教育につながる絵本であれば、子供にとってベストな絵本を選択してあげたくなる。

    どのような基準で絵本を選択してあげたら良いのだろうか。


    子供と一緒に絵本売り場や図書館をやってきてみるのも良いのかも知れない。

    また、保育園や幼稚園にとおってる子供であれば、先生と対話するのも良いだろう。

    子供だからと云って侮ってはいけない。

    乗り物の絵本が好きな子供、動物の絵本が好きな子供、カラフルな色使いの絵本が好きな子供、子供に拠って趣味がちがう。

    自身の子供がどのような絵本が好きであるのか気付いておく事も肝心だろう。


    絵本に拠っては[何歳から何歳まで]と云うように対象年齢が記述されている事が有る。

    しかし、これはあくまでも水準であるのであまり気にしなくて良いようである。

    また、キャラクター主体の絵本を子供にあたえる事をためらう人も少なくないようである。

    絵本を好きに成る機会であれば、キャラクターの絵本やヒーローものの絵本でもあたえてあげても良いだろう。

    絵本の好きな子供は将来、詠書が好きな子供に成ると云うデータも有る。

    内容はどうであれ、まず絵本の好きな子供に成る事が必要であるようである。


    日常の生活とはちがう世界が絵本の中に実在する、と云う事を子供が感じはじめたらしめたものである。





    [PR]
  • イタリア料理店ピザマリノのパスタやデザート
  • 讃岐(さぬき)やざるうどんの打ち方
  • おにぎりの上手で美味しい簡単な握り方
  • NHK[今日の料理プラス]で男の料理と過去レシピ
  • キルフェボンのケーキとタルトが良い

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教育パート1

    幼児教育・・・幼児教育と英語教育パート1

    幼児教育のうち1番ポピュラーであるのは英語教育であるとおもう。

    子供に何か幼児教育を、と考慮している人がまず思い浮かべるのは英語教育だろう。

    よく本等で[子供の趣味や年齢にマッチした教材を選択してあげてほしい]と記述されているが、現実にどのような教材を選択してあげたら良いのだろうか。


    0歳児では英語は勿論、日本語もまだ談じる事が出きない。

    その為、気付いている単語も殆どない状態であるので音を聞かせるだけで充分であると云われている。

    聴いている音も英語であると云う意識じゃないので、あくまでも遊びの延長として音を聞かせてあげよう。

    テープやCD等、英語の曲の童謡等はどうだろうか。


    また、親も[幼児教育としての英語]と云う意識をもたない事も肝心であるようである。

    このような事を考慮すれば教材はなんでもいいと云う事に成る。

    親が[この教材で子供と一緒に遊んでみたい]とか[この教材はかわいらしいな]とおもう教材はどうだろうか。

    また、子供ができる限り積極的に興味を示すとおもえるような教材を選択してあげるのも良いのかも知れない。

    0歳児の子供に対しては[英語教育をする]と云う考えではなく、教材を活用して、親と子供のコミュニケーションを図る、と云うように考慮してみてはどうだろうか。


    この時期は[子供のための英語教育]と云う事を親も勉強していく必要が有る。

    その為、多種多様な教材を試してみるのも良いのかも知れない。





    [PR]
  • スズキワゴンR!スティングレーや改造パーツ
  • ユピテル工業のレーダー探知機・イエラ(yera)は絶品だ
  • ギャルソンの車用品・エアロパーツやホイールなど
  • 東京都のミニカー店コジマと手作りオリジナル
  • マツダアテンザのミニカーの秘密、エムテックやタカラトミー、京商製の非売品

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教育パート2

    幼児教育・・・幼児教育と英語教育パート2

    1歳児に成ると体も発達し、動きも活発になってく。

    そして、あれもこれもと何でも自身でやりたがる時期にさしかかる。

    幼児教育として英語の教育を実践するときの教材として、接触するとアルファベットの音や歌、単語等の音がでるおもちゃはどうだろうか。

    また、アルファベットの記述してある絵本等も良いのかも知れない。


    子供が談じる事が出きるように成ると、英語で話しかけてみたいと云う人もいるかも知れない。

    英語が談じれないと云う人でも気付いている単語は何種類かあるはずである。

    全部の事を英語で話さなくてはならない、等と欲張らずに日本語で話しかけるのと同じように、簡単な単語レベルで話しかけるだけで充分であるとおもう。

    親が[幼児教育としての英語]等と頑張らずに、子供と一緒にエンジョイしてみてはどうだろうか。


    幼児の言語能力は、他方通行ではなく双方向にやりとりをプラスする事で、飛躍的に飛躍的に向上すると云われている。

    教材をただあたえるのではなく、親が教材を仲介にして子供とコミュニケーションを図りながら英語に触れ合う事が必要となってく。


    1歳をすぎたら親子で英語の映像をエンジョイすると云う事も出きるように成る。

    英語の映像に合わせて歌ったり踊ったりするのである。

    しかし、長時間映像を見せたケースの場合、言葉を把握する言語能力や社会性に悪影響をおよぼすと云う報告も有る。

    幼児教育のつもりで長時間映像を見せたならば、結果は本末転倒のものに成る可能性があるのである。





    [PR]
  • ラフォーレ琵琶湖の口コミ
  • 九州の日帰り温泉の価格相場、食事付きプラン
  • 格安な高速バスで九州から出発
  • 熊本県阿蘇のファームランドの口コミや評価
  • 沖縄県のリゾートホテルベルパライソの口コミや評価

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教育パート3

    幼児教育・・・幼児教育と英語教育パート3

    2歳から3歳にさしかかるとDVDやテレビ番組、ビデオ、絵本等を活用してみるべきだ。

    幼児教育の方法として映像や文字の教材を使用する事は一般的な方法であるが、英語にかんする幼児教育に於いても映像や文字の教材は一般的な方法である。

    親も一緒にエンジョイする事が出きるのであれば1番であるが、家事の間に映像に子守をしてもらうのも1つの方法である。

    長時間にわたってテレビに子守をお願いするのは問題であるが、短時間であれば良いだろう。

    このとき、英語の映像を選択するようにすれば英語が日常生活に溶け込んでくる事だろう。

    また、3歳くらいになれば絵本にもできる限り積極的に興味を示すように成る。

    英語にかんする絵本は多種多様な種類が販売されているので、何種類か試してみてはどうだろうか。


    映像で観たものは、実体験での裏づけがあって初めて意味をもってくると云われている。

    その為、ビデオやDVDの映像の中身は子供の生活や実体験に近いものを選択してあげると良いだろう。


    ビデオやDVD、絵本等は子供の手が届く場所に置いておく事が必要である。

    絵本等は殊更にそのようにしておこう。

    どんな時であっても取り出せる状態にしておけば、子供が好きな時に取り出して絵本を詠む事が出きる。

    このような日常が、より英語を習慣化出きる事につながっていくとおもう。


    DVDやビデオ等は長時間観ると体に悪影響をおよぼする。

    だらだら観ない、見完了したらスイッチを切る等、家庭でルールを決定させておく事も肝心である。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教育の疑惑パート1

    幼児教育・・・幼児教育と英語教育の疑惑パート1

    幼児教育としての英語教育は一般的に早くはじめたほうが良いと云われている。

    バイリンガリズムの調査結果によると、3歳に成る前の幼児には[自国の言葉]と[外国の言葉]と云う分類はないようである。

    日本語と英語を順番に聞かせたとき、[これは日本の言葉]、[そしてこれは英語]と云うように認識する訳でもないようである。

    その為、どちらの言葉であっても抵抗なく吸収していくようである。

    3歳に成るまでは英語と日本語を同時に身につける機会であると云える。

    幼児教育として日本語と英語を同時に身につけさせたいのであれば、3歳までに英語教育をはじめたほうが良いのかも知れない。


    しかし、1つの言葉は自在に操る事が出きるように成るまで、相当な年月を必要とする。

    [2歳の時から英語教育をはじめたので、4歳になったらペラペラと英語を談じる事が出きるようになった]と云う事は、まずないのだ。

    専門家によると、毎日1時間英語を使用する生活をしたとしても、英語をマスター出きるまでには14年ほどかかってしまうようである。

    2歳からはじめたとしても、英語で誰とでも自由に談じる事が出きるように成る頃は16歳と云う事である。

    10歳からはじめて14年かかるよりは、2歳からはじめて14年かけるほうが早い時期に身に付く、と云う事に成る。


    早くはじめたとしても、英語をマスターするまでの時間はそれほど変わりないようである。

    ただし、日本語と英語を同時にマスターさせたい、と云うのであれば、早い時期から幼児教育に取り組むべきだろう。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教育の疑惑パート2

    幼児教育・・・幼児教育と英語教育の疑惑パート2

    早い時期から幼児教育として英語教育に取り組んだ結果、少々でも英語を身につけたとする。

    幼児期の幼児教育で得られた成果と云うものは、大人になってからでも残ってるのだろうか。

    また、幼児期に英語圏の国で生活し、英語がペラペラな状態で日本に帰国した時、英語は大人になっても残ってるのだろうか。


    外国に暮らすようになった子供は大人に比較して現地の言葉をマスターする事は早いと云われている。

    子供は周囲との同化意識が大人と比較してつよく、現地の子供と触れ合っていくうちに、早く環境に馴染み、周囲に溶け込もうとするからである。

    誕生した時から8歳ころまで外国で暮らし、其の後日本に帰国して外国の言葉を全く使用しない生活をした人がいたとする。

    このような人は発達するにつれて、マスターしていた外国の言葉を話せなくなるようである。

    つまり、幼い頃にマスターしたとしても[一生おぼえている]と云う事はないようである。


    家庭での幼児教育でおおくの英語に触れ、あるレベルのマスター出きたとしても、幼稚園等に通園するようになれば、しだいに家庭でおぼえた事は失念してしまうかも知れない。

    しかし、英語教育を通しての親との触れ合いやコミュニケーションが楽しかったケースの場合、これらの思い出は一生残っていくだろう。

    楽しい思い出が残れば、将来自身からできる限り積極的に英語の学習に取り組むように成るのかも知れない。

    言葉を残すより、楽しい思い出を残した方が良い、と云う事であるようである。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教育の疑惑パート3

    幼児教育・・・幼児教育と英語教育の疑惑パート3

    幼児教育としての英語教育に早期から取り組んでいると、日本語な発達に悪い影響をあたえるのじゃないか、と云う疑惑をもつ人がいる。

    せっかく早い時期から幼児教育に取り組んでいるのに、悪い結果につながってしまうとしたら残念な事である。


    日本語の習得をおろそかにする事は問題であると云える。

    しかし、複数の言葉を同時にマスターしようとしても、片方の言葉の習得が遅れると云う事はないようである。

    複数の言葉を習得したバイリンガルの子供は周囲の状況に応じて自然に言葉を使い分けているようである。

    自然に言葉がでてくるので、[頭の中で混乱する]と云う事はないのだ。


    日本語しか談じれない子供と、英語も日本語も談じれる子供に表面的なちがいはないのだ。

    ちがいがでるとしたら、物事の考え方にでるようである。

    普段の日常生活に於いて英語に接触した生活をしていると、日本とはちがう世界があると云う認識をもつように成る。

    日本人とはちがう世界観や価値観をもった人が実在する事を、当たり前のように受け入れる。


    バイリンガルでない人は[正解は1つ]と決定させたがるのに対し、バイリンガルの人は[正解はたくさんある]と云う思考をもってる、と云う説もあるようである。

    幼児教育としての英語教育の結果、英語の点数が良いとか、発音がきれいのであると云った目にみえる部分の成果が有る。

    しかし、本当の英語教育の目的は子供の内面に対しての発達にあるのかも知れない。

    多種多様な文化を許容し、多様な考えをもつ人達を受け入れる考えは、将来大きな財産になってくるとおもう。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教材パート1

    幼児教育・・・幼児教育と英語教材パート1

    幼児教育における英語教材に[ディズニーの英語システム]が有る。

    この教材はミッキーと遊んでいるうちに、英語がどんどん身近に成る、と云うものである。

    この教材にはカードやDVD、ビデオや絵本、CD等がセットになっており、大人も一緒にエンジョイする事が出きる内容と為ってる。

    絵本にはディズニーにかんする話が沢山収録されている。

    絵を観ながら文法等を把握する事の出きる試行錯誤がされている。

    DVDやビデオはディズニーのキャラクターが登場し、手遊びや歌を歌いながら英語に親しむ事が出きる。

    音のでるカードも収録されている。

    このカードを機械に差し込む事により、英語の音を聴く事が出きるのである。

    [トークアロング・カード]と呼称されるカードでDVDや絵本、CDに登場した英語のフレーズをくりかえし練習する事が出きる。

    フレーズの内容はカードを通すたびに変化する事から、英語圏の子供と談じているような錯覚をおこする。

    歌のCDには170もの曲が収録されている。

    幼児でも一緒に踊ったり歌ったりする事が出きる曲ばっかりである。

    [テレフォン・イングリッシュ]と云うサービスも有る。

    このサービスはネイティブの先生と電話で話しをすると云うものである。

    優しい口調で談じてくれるため、ちっぽけな幼児でも落ち着いて談じる事が出きる。

    テレフォン・イングリッシュでは英語で談じるだけでなく、一緒に歌等も歌ってくれるようである。

    幼児教育として英語教育を考慮しているのであれば、無料のお試しビデオ等もあるようであるため、興味があれば試してみてほしい。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教材パート2

    幼児教育・・・幼児教育と英語教材パート2

    英語教材に[セサミえいごワールド]と云うものが有る。

    [セサミえいごワールド]の中には素敵な映像とテンポのよい会話が沢山盛り込まれている。

    セサミストリートの世界には大人であっても思わず引き込まれてしまうものが有る。

    幼児教育で英語の教育を、と考慮している人にとっては、大人もエンジョイする事の出きる[セサミえいごワールド]はお勧めの教材である。


    [セサミえいごワールド]にはDVDやCD、カードシステムがセットに為ってる。

    カードシステムではクイズ形式のものがあったり、会話があったり等、ゲーム感覚で楽しく遊べるところが魅力である。

    カードシステムではネイティブの発音が流れてくる事から、その発音をおぼえる事も可能である。

    幼児教育であれればこそ、きちっとした発音はおさえておきたいポイントである。


    DVDではキャラクターのディンゴが大活動する、と云う内容と為ってる。

    ディンゴと一緒になって簡単な会話や数、色等を学習する事が出きる。

    興味ない単語や会話がでてきても、楽しい内容であるため子供はずっと観ているようである。

    結果として単語や文法、発音等を自然におぼえてしまう、と云う事だろうか。

    [セサミえいごワールド]で英語を習得する事は、日本語を習得するプロセスと似ている。

    英語が不得意な親の為に、日本語訳や、内容にかんして子供に尋ねるための英語表現が収められたガイドブックが用意されているので安心である。

    カタログ請求をすると、もれなくサンプルCDやDVDが送付されてく。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教材パート3

    幼児教育・・・幼児教育と英語教材パート3

    幼児教育はどこか教室にとおって実践するものとおもってる人は少なくないとおもう。

    しかし、幼児教育は家庭でも充分に満足したものが実行できるのである。

    英語教材の[TMPフレーズカードシステム]は家庭で英語教育を実践する事の出きる教材である。

    [TMPフレーズカードシステム]では、カードを通して音を聴いたり、自身の声を録音したりする事が出きる。

    カードは途方もなく相当の種類があり、多種多様な英語表現が収めされているため、飽きる事が無いようである。


    [TMPフレーズカードシステム]を活用する為には、まずスターターキットを買い付ける必要が有る。

    スターターキットには本体と[カードで英語をはなしよう・はじめて編]がセットに為ってる。

    [はじめて編]には[いってく]、[いってらっしゃい]等日常生活における基本の英語表現が収められている。

    カードをキットに通す事により、ネイティブの発音と英語表現をおぼえていく事に成る。

    [はじめて編]をマスターしたら[おでかけ編][しょくじ・だんらん編]、[せいかつ編][あそび・トラブル編]等も買い足していく事が出きる。

    すべで合わせると膨大な数の英語表現を体験する事が出きる。

    普段の日常生活で使用する英語表現が収められているので、親子が一緒になってエンジョイしながら取り組む事が可能と為ってる。

    ついでにスターターキットは19,950円で販売されている。

    追加のカード集は9,450円で、それほど高価なものじゃないとおもう。

    ゲーム機を買い付けるつもりで[TMPフレーズカードシステム]を買い付けてみてはどうだろうか。

    全国の書店で販売されている。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と幼児教室ドラキッズについて

    幼児教育・・・幼児教育と幼児教室ドラキッズについて

    ショッピングセンター等でよく見掛ける幼児教室は[幼児教室ドラキッズ]である。

    [幼児教育ドラキッズ]は小学館アカデミーが全国に大展開する幼児教室である。

    小学館アカデミーは設立以来35年にわたり幼児教育としての英語教室を手がけている。

    各個人のもつ潜在能力を最大最高限に引き出し、英語によるコミュニケーション能力を飛躍的に向上させるカリキュラムが人気と為ってる。

    しかも[幼児教室ドラキッズ]はショッピングセンターや百貨店等の商業施設の中にある事から、通いやすいと評判である。

    と云うのも子供を[ドラキッズ]に預けている時間で買い物等を済ませる事が出きるからである。


    [ドラキッズ英語コース]は1歳から習いはじめる事が可能である。

    アメリカやイギリス等、英語圏の子供たちが英語を身につけるように遊びや歌、踊り等を通して英語に接触していこうとするものである。

    1歳と2歳、2歳と3歳の各コースは親子参加型のプログラムと為ってる。

    幼児教育と云うより子供を触れ合いながら英語の世界を体験していく事に成る。

    4歳以降のクラスでは親から離れ、子供たちだけで学習していく事に成る。


    ドラキッズでは家庭用の教材も充実している。

    ワークブックやCD等を活用すれば、家庭でも英語の世界に接触する事が可能と為ってる。

    継続的に外国人講師も教室にやってくるため、ネイティブの発音も体験する事が出きる。

    外国人との交流が、子供のコミュニケーション能力をより一層のばしてくれる事だろう。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・ヤマハ英語教室での幼児教育について

    幼児教育・・・ヤマハ英語教室での幼児教育について

    ヤマハ英語教室は全国に1500もの教室があり、幼児教育としての英語教育を行ってる。

    ヤマハと云えば音楽教室が超有名であるが、英語教室も全国に繰り広げているのである。

    ヤマハ英語教室の特徴点は、音楽に合わせて英語独自のリズムを習得しようとする事に有る。

    英語は[リズムの言葉]であると云われている。

    英語独自のリズムを楽しい歌に合わせて、自然に習得出きるようなプログラムが設定されている。

    歌を歌うだけでなく、絵本やゲーム等も組み合わせ、全身をシフトさせながら英語を吸収していく。

    1歳児向けのコースは[えいごで一緒]と云うコースに成る。

    2歳児と3歳児は[リズムでえいご]と云うコースに成る。

    各コースとも親子参加型のコースになっており、親と子供が一緒になってリズムに合わせながら英語に接触していく。

    ヤマハ英語教室では外国人講師ではなく、日本人講師が中心に為ってるが、授業は日本語を一切合財使用しない形式で進められていく。

    しかし、講師は日本人であるため、日本人の気持ちになって授業を進めてくれる事から、安心感があるとも云われている。


    ヤマハ音楽教室では1歳から小学校6年生まで、6つのコースにわかれている。

    子供の発達具合に合わせて、子供にあったベストなクラスを選定出きるのも魅力である。

    ヤマハ英語教室は、幼児教育として英語を習わせるだけでなく、リズム感等も養えるところであるとおもう。

    音楽教室だけでなく、英語教室にも通わせみたらどうだろうか。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とアルクについて

    幼児教育・・・幼児教育とアルクについて

    0歳時からはじめるバイリンガル教育と云うキャッチフレーズで英語の教材を提供しているのはアルクである。

    アルクでは幼児教育として長年培ってきたノウハウがあり、長年の経験から教材が開発されている。

    0歳から3歳までは[エンジェルコース]と云うプログラムが提供されている。

    乳幼児期は言葉をどんどん吸収していく時期で有る。

    アルクの教材の特徴点は、この時期に英語をくりかえし聞かせる事で、英語を聞き取る耳の機能を養っていこうとするものである。

    エンジェルコースの方法は1日30分間CDを聞かせると云うものである。

    1日30分を毎日くりかえす事により、耳の機能の飛躍的に向上を図っていく。

    CDにはグリム童話やアンデルセン童話のほか、マザーグースや遊び歌等が収録されている。

    また、母親の優しい声が語りかける、親と子供の会話等も収録されている。

    [童話]や[親子の会話]の切れ目にはモーツァルトの曲が収められている。

    モーツァルトの曲には、集中力や記憶力を高める効能や息抜き効果があると云われている。

    これらの効果を待望する事以外にも、多種多様な音域の音を聞き取る耳の機能を高めていく目的があるようである。

    エンジェルコースのナレーションはアメリカ英語ではなく、イギリス英語と為ってる。

    イギリス英語の周波数はアメリカ英語の周波数よりも高いと云われている。

    いっぱい周波数の音に対応出きるようにイギリス英語を採用しているようである。

    アルクの教材は、胎児の段階から使用する事が出きるので、早期からの幼児教育を考慮している人にはお勧めの教材である。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とアルク パート2

    幼児教育・・・幼児教育とアルク パート2

    6歳くらいまでの幼児教育の為には[アルクのabc DVDボックス]が用意されている。

    DVDの中にはミニドラマやアニメーションが収録されている。

    ミニドラマには親しみやすいキャラクターが登場するため、飽きのこない内容と為ってる。

    アニメーションは鮮やか色使いで作製されているため、観ているだけでも引き込まれる内容に為ってる。

    ミニドラマやアニメーションと通して身の回りの単語や挨拶等を習得していく。

    DVDには日本語は一切合財入ってないが、英語が不得意な親の為に日本語のガイドブックが用意されているので安心である。

    各パートの時間的な長さは約12分と為ってるため、幼児が集中する為にはちょうどいい時間設定と為ってる。

    これらのDVDは1日1回見せる習慣をつけたほうが良いと云われている。

    英語のフレーズを毎日くりかえし耳に入れる事により、英語をマスターしていくからである。

    集中出きない時は12分間全部見せる必要ははく、興味のある所だけを見せるようにしよう。

    多少なりともいいから毎日見せる事が必要であるようである。

    まさに[継続は力なり]と云ったところだろうか。


    エンジェルコースではイギリス英語だったが、[アルクのabc DVDボックス]におけるDVDのナレーションは、アメリカ人によるアメリカ英語と為ってる。

    ネイティブスピーカーであるので、ただしい発音が身に付く事だろう。


    幼児教育として[エンジェルコース]と[アルクのabc DVDボックス]を併用している人もいる。

    食事中やドライブ時の車の中では[エンジェルコース]のCDを聴かせ、家庭内では[アルクのabc DVDボックス]を見せると云う方法である。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とアルクの英語教室パート1

    幼児教育・・・幼児教育とアルクの英語教室パート1

    幼児教育としての英語教育にかんして、アルクは多種多様なノウハウを持ち合わせている。

    これらのノウハウを活かし、全国で1000もの英語教室を運営している。

    その英語教育は[Kiddy CAT英語教室]と云う。

    [Kiddy CAT英語教室]では、初めての幼児でも無理なくスタート出きるように、年齢に応じた教材とカリキュラムを提供している。

    例を挙げると、2歳児や3歳児は[プリコース]からはじめよう。

    プリコースで使用する教材は[アルクのabc]である。

    英語の歌やアニメに合わせて基本的や会話や単語に接触していく事に成る。

    この教材は家庭での英語教育にも使用出きるので、教室での授業が無い日は家庭で親子一緒に英語を学習する事も出きる。


    教室では先生の英語の呼びかけに拠って授業が進展し、親子が一緒になって英語を学習していく事に成る。

    クラスのお友達と一緒に実践するゲーム等と通して、英語感覚が自然と身にかんしていく事だろう。

    Kiddy CAT英語教室の先生は審査をパスして認定された人であるので、落ち着いて英語教室に通う事が出きる。

    殆どの教室が[自身の家を教室にしている]ため、これからもじっくりとお付き合い出きる先生に出会えるかも知れない。

    全国に1000もの教室があり、どの教室も同じ教材を使用しているので、転勤等で引っ越しても安心である。

    たぶん引越し先の近隣にも[Kiddy CAT英語教室]がある事だろう。

    長い期間、じっくりと幼児教育に取り組んだい時は[Kiddy CAT英語教室]はお勧めである。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とアルクの英語教室パート2

    幼児教育・・・幼児教育とアルクの英語教室パート2

    幼児教育の一環としてアルクの英語教室に子供を通わせるのであれば、幼稚園の年中や年長の幼児は[Kiddy CAT英語教室]の[Aコース]に入る事に成る。

    Aコースではゲームをしたり、歌を歌ったりと云うカリキュラムが中心となる。

    ぬり絵や切り貼り等をする時もあるようである。

    勿論先生の英語の指示を聴きながらのカリキュラムと為ってる。

    このクラスでは先生は英語以外の言葉は談じないようである。

    日本語を使用せず、英語のみを使用する事で、興味ない文法や単語を聴いた時に[類推する能力]をのばすようである。


    幼児教育の成果はすぐに表われる訳でもないようである。

    この時期に英語を学習しても、すぐに英語を談じれるようにはならない。

    しかし、目にみえる効果は表面上把握出きないが、こどもの耳は確実に[英語を聞き取る耳]になっていくようである。

    効果が無いからと云って、辞めてしまうような事をせず、辛抱つよく教室に通わせる事が肝心である。


    幼稚園を卒園したら[Bコース]に入ろう。

    Bコースは小学校低学年で英語にはじめて接触する子供を対象にしたコースである。

    BコースではCDやDVDの教材を使用して英語を学習していく事に成る。

    CDやDVDと連動したテキストも使用し、ゲームや歌を取り入れた授業で単語や文法をおぼえていく。

    1年生からはじめたら、6年生に成る頃には中学校3年生レベルの英会話が可能となるようである。

    やっぱり6年間辛抱つよく通わせる事が肝心であるようである。

    言葉の習得には[継続は力なり]と云う言葉がピッタリである。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とキャラクターについて

    幼児教育・・・幼児教育とキャラクターについて

    幼児の間で[しまじろう]は途方もなく超有名なキャラクターである。

    [しまじろう]はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材に登場するキャラクターである。

    ベネッセコーポレーションが提供する英語教材にも[しまじろう]は登場する。

    3歳から4歳向けの教材は[ほっぷ]、4歳から5歳向けの教材は[すてっぷ]、5歳から6歳向けの教材は[じゃんぷ]と云う。

    3つのコースが用意されているので、年齢に応じたコースを選定する事ができ、ステップアップを約束してくれる。

    自身の家に2ヶ月に1回の割合で教材が届く。

    その為、無理をしないで着実に教材をこなしていく事が出きるはずである。


    NHKの人気英語番組に登場したキャラクターは[エリックさん]と[JB]である。

    旺文社から[ヤミーボックス]と云う名前もしくは名称で販売されている英語教材はNHKの教育番組[英語であそぼ]から誕生した英語教材である。

    [ヤミーボックス]ではエリックさんとJBが登場し、英語の魅力を子供たちに伝達している。

    [エクスパット]は絵本を掲載してペンタッチすると英語の音が聴こえる、と云うものである。

    エクスパットを使用する事で英語の自然な発音方法をマスター出きるはずである。

    購入者にはインターネットを活用したサポートも有るので、トラブル生起時には心つよい味方になってくれる事だろう。


    幼児教育は通信教育でも出きる。

    [しまじろう]や[エリックさん]と共に英語の世界に踏み込んでみるのはどうだろうか。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育とテレビについて

    幼児教育・・・幼児教育とテレビについて

    幼児教育のためのテレビとして、まず頭に思い浮かべるものは[NHK教育テレビ]じゃないだろうか。

    教育テレビはその名の通り、幼児教育のための番組がくりかえし放送されている。

    しかし、幼児教育用のテレビは教育テレビだけじゃないのだ。

    [スカイパーフェクトTV]では子供向けのチャンネルが沢山あり、英語教育に役立つ番組も数おおく放送されている。

    アニマックスで放送されている[エルモズワールド]はお勧めの番組である。

    [セサミストリート]に登場するエルモが、多種多様な仲間たちと多種多様なシチュエーションを繰り拡大させる。

    英語の音声であるので、自然に英語の音に接触する事が可能と為ってる。

    ディズニーチャンネルでは[ミッキーマウスクラブハウス]と云う番組も有る。

    ミッキーやその仲間たちが登場する番組で、エンジョイしながら英語に親しむ事が出きる。

    言葉をおぼえようとしなくても、番組をくりかえしみているうちに自然とおぼえてしまうようである。


    これらの番組は、海外から帰国した幼児にもお勧めの番組であるとおもう。

    海外から帰国し、外国語を全く使用しない環境におかれると、すぐに外国語は失念してしまうと云う。

    幼児といえども、せっかく習得した外国語であるので失念してしまったら[もったいない]とおもう。

    大人に成るまで、役に立つときがくるまで、これらの番組を活用して外国語を忘れずにしたいものである。


    おおくの番組は[英語]となっており、残念ながら[仏語]や[独語]の番組はあまりみかけない。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・幼児教育と英語教室について

    幼児教育・・・幼児教育と英語教室について

    幼児のうちに何か1つでも幼児教育に取り組んだい、と云う人は沢山いる。

    1番身近な幼児教育は英語教育じゃないだろうか。

    全国には個人経営の英語教室から大手チェーンの英語教室まで、多種多様な形の英語教室が実在している。

    これら数おおくある英語教室のうち[ECCジュニア]は全国に繰り広げている英語教室である。

    ECCジュニアのキャッチフレーズは[楽しくってしかたない!談じたくってたまらない!]である。

    このキャッチフレーズを聴いただけで子供を通わせたくなる。

    英語教育のためではなく、日常生活の中での楽しみの1つとして、ECCジュニアに通わせてみてはどうだろうか。

    ECCジュニアでは[ホームティーチャー]と呼称される教師から英語を習う事に成る。

    ホームティーチャーは子供の能力を最大最高限にひきだしてくれる児童教育のプロであるので、落ち着いて子供を預ける事が出きる。


    ECCジュニアとおなじ様に、全国に英語教室を繰り広げているのは[ジオスこども英会話]である。

    ジオスこども英会話では1歳児からを対象としている。

    1歳から15歳まで、年齢や目的に合わせたクラスが用意されており、いつ入学しても対応出きるようなカリキュラムが組まれている。

    外国人講師クラスも有るので、そのクラスに入学すれば本場の発音や表現方法をマスター出きる事だろう。


    幼稚園や保育園だけの毎日決定された環境だけでなく、時にはちがった環境でコミュニケーションをとる事も必要じゃないだろうか。



    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • 幼児教育・・・こどもちゃれんじで幼児教育する

    幼児教育・・・こどもちゃれんじで幼児教育する

    ベネッセコーポレーションでは6ヶ月の乳児から高校生までの子供が活用している通信教育である。

    [進研ゼミ]と云えば、殆どの人が1度は聴いた事があるだろう。

    [進研ゼミ]はベネッセコープレーションが小学生から高校生までの子供を対象にした通信教育の事を指する。

    小学生未満を対象とした幼児教育用の教材は[こどもちゃれんじ]と呼称されている。

    [こどもちゃれんじ]では6ヶ月から6歳まで、各年齢に合わせた絵本やビデオ、CD等が送られてく。

    各年齢の発達状況に合わせた内容と為ってるので、子供はすぐに夢中に成る事だろう。


    絵本はDVDの内容を通して社会のルールや決まりごと、友達等とのコミュニケーション方法等を体験していく。

    勿論、絵本やDVDに登場するキャラクターは[しまじろう]である。

    [しまじろう]と一緒に多種多様な体験をし、子供の中に芽生えた興味や意欲をひきだす事を目的としている。

    幼児教室に通うにはそれなり時間も必要である。

    昼間活動している環境ではむずかしいものだろう。

    このような人でも、通信教育を活用すれば家庭でも幼児教育に取り組む事が出きる。


    [こどもちゃれんじ]を卒業したら[進研ゼミ小学講座]に入ろう。

    小学講座では学習習慣をつける事に大きな目的をおいているようである。

    小学生の段階では、なかなかどうして勉強はしてくれない。
    なぜなら学習をする習慣づけがされていないからである。

    学習する習慣さえ身にかんしてしまえば、今後の成績は上がっていく事だろう。



    幼児教育・・・幼児教育の環境について

    幼児教育を語る上で途方もなく興味深い調査結果が有る。

    その調査はアメリカで1921年から1950年にかけて実行された。

    11歳の男児25万人を無作為に抽出し、知能検査を行って知能指数の優れた800人を抽出し、其の後の人生を追跡調査したものである。

    知能検査と同時に性格検査も行い、性格が人生にどのような影響をおよぼすのか、と云う事を明白にした調査である。

    29年後の追跡調査で、優れた知能をもつ800人はどのような職業に就いているのだろうか。


    これによると、800人のうち、優れた知能を活かす仕事に就いていた人は45パーセントであったようである。
    これをAグループとよぶ。

    残りの55パーセントの人は、優れた知能をもちながらも、その能力を充分に活かす事の出きない職業にかんしていたようである。
    これをBグループとよぶ。

    AグループとBグループのちがいはどこにあるのだろうか。

    11歳当時の性格検査にさかのぼると、AグループとBグループには大きなちがいがある事が把握出きた。


    Aグループの性格の特徴点は、持続性がある、忍耐つよい、社会性がある、冷静である、リーダーになりたいと云う欲求がある、であるようである。

    Aグループにはこれら5つの性格特性が有った。


    近頃の調査結果では性格にあたえる影響は遺伝子ではなく、発達した環境である事が把握出きてきた。

    9ヶ月の胎児期から2歳までの間、どのような環境のもとで生活したかに拠って、今後の性格を大幅に機能すると云う調査結果もあるようである。

    これらの事を考慮すると、幼児教育は途方もなく肝心な事であるとおもえてく。



    このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
    Copyright © 日記 | 日刊!うんちく仙人の情報局 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます