日記 | 日刊!うんちく仙人の情報局

日刊!うんちく仙人の情報局では、美容と医学、旅行や趣味、テレビとスポーツや芸能、ニュースなどの情報をお届けしています。

ブログは永久に不滅です!!

ブログランキング・にほんブログ村へ くる天 人気ブログランキング リンクリックブログランキング 人気ブログランキング ブログズーム

記事一覧

  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2の家庭での排出量について

CO2排出量・・・CO2の家庭での排出量について

今テレビやインターネット、新聞等多種多様なところで話のネタに為ってる地球の温暖化対策。
これを対策する為には温室効果ガスのもとである二酸化炭素(CO2)の排出量を減らさなければならないと云われている。
しかし電気を節約してみてもガスを使用する量を節約してみても現実に目にみえてCO2の排出量が削減されているかどうかなんて把握できる事ができないのである。
そこで今、個人の環境問題への関心を高めようと[環境家計簿]と云うシステムがインターネット上で話のネタになってるようである。
この環境家計簿で家庭に於いて排出されているCO2の量を量る事が出きると云うのである。


この環境家計簿に、ガスや電気、水道、ガソリン等の1ヶ月あたりの使用量(請求書等に記載されているとおもうのでそれを参照して打ち込むようにしてみて欲しい。
)を打ち込むとCO2がどれくらい排出されているのかと云うのが自動的に算出されて数値として我々に教えてくれると云うものである。


この環境家計簿を使用するにはエコファミリーと云うところへの登録が必要みたいのであるためであるが、料金は無料であるので気楽にやってみる事が可能である。
まだなかなかどうして広まってないみたいのであるためであるが、家庭でどの位の量を使用したらどれくらいCO2が排出されるのか、1ヵ月後どの位減少したのかと目で観てエンジョイしながら行ってみると、家計にとっても助かるし、地球にとっても助かるとおもう。


エンジョイしながらCO2の削減をしていこう。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・世界のCO2排出量にかんして

CO2排出量・・・世界のCO2排出量にかんして

今世界におけるCO2排出量は確実に増大してきているそうである。
世界の中でも排出量が増大しているのが目立つ国として挙げられるのが中国である。


CO2の排出量が増大すると地球温暖化の原因になってしまって状況は悪化していく。
であるから世界中で今CO2(二酸化炭素)の排出量を減らそうとしているわけである。


では日本のCO2の排出量にかんしてはどのような感じだろうか?やっぱり日本でも世界と同じでCO2の排出量が増大している風潮に有る。

少し前までは日本の産業部門からのCO2排出量が増大していたが今ではその排出量が落ち着いている状態で、それ以外の部門で反対に増大している為に全体的に増加風潮にあると云えるようである。
また日本におけるCO2排出量の約4割が発電等のエネルギー転換部門からの排出と云う事であるため、いかに我々の生活の中で電気等エネルギーを使いすぎているかと云う事が把握できるとおもう。


そこで日本では地球温暖化防止京都会議と云う会議に於いて2008年の12月までに地球温暖化の原因である温室効果ガスつまり二酸化炭素の排出量を1990年の排出量と比較して6%削減すると提示したそうであるが、削減するより消費するエネルギーの量が上回ってる為に途方もなくむずかしい状況であると云う事が把握できている。


また各国で観てみると国別の二酸化炭素排出量はアメリカ、中国、ロシア、日本と云う順に為ってる。
これを観ると国土が狭い日本が4位って恐い結果だなと云う事が把握できるとおもう。
我々の意識の中にCO2削減に対する意識を植え付けていかなければならないのじゃないだろうか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・家庭から出されている二酸化炭素排出量とは?

CO2排出量・・・家庭から出されている二酸化炭素排出量とは?

我々が生活している中で二酸化炭素の量はどれくらい排出されているものだろうか。


家庭から出されている二酸化炭素の量と云うのは年々増加風潮にある事が把握できている。
1990年から比較してみても家庭から排出されているCO2の量と云うのは約35%も増大しているようであるためである。
その約20年の間に変わったもの、そのメインの原因としてはライフスタイルの変化だとされている。


ではどういったライフスタイルが変化したのだろうか。
1990年頃は一家に1台しかなかったエアコン、近頃は一部屋に1台ついているのが当たり前のような状況、車も一家に1台ではなく、場所に拠っては1人に1台、パソコンの普及率も途方もなく増え、温水便座に食器乾燥機等ありとあらゆる利便性が追求された結果、CO2排出量の増加につながってる。


ただし嘆いているばっかりではなく、2004年の時は2003年と比較してほんのわずかであるが、CO2排出量が少なく為ってると云う統計もある事からまだまだ消耗させる余力はあると云う事も把握できる。


家庭から排出されるCO2のメインのものとしては家電製品と自家用車が大半を占めているとおもう。
そこで個人個人が少しずつ意識する事で、1日1kgを削減していこうと云う目標を達成する事が出きる。


1人1人が意識をして、心掛ける事で家計にも環境にも優しい事に成るとおもう。
これが、今まで排出してきたCO2の量を減らしていく唯一の方法であるためではないだろうか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・気楽に出きるCO2排出量削減術とは?

CO2排出量・・・気楽に出きるCO2排出量削減術とは?

まず最初は冷房の設定温度を28度、暖房は20度に設定してCO2のダイエットを簡単にやってみてはどうだろうか?

そもそも、夏は暑いので汗をかくもの冬は寒いので汗はかかないものである。
これが夏はクーラーのつけすぎで寒くて体調を砕いてしまう、冬は暖房のつけすぎで汗をかいて反対に風邪をひいてしまうと変な感覚である。

これをちょっと服装に気を付けるようにして、夏は1枚脱ぐ、冬は1枚身に付けるようにすると全然ちがった解決方法が出きるのじゃないかとおもう。


こういった試行錯誤をするのみで、夏は冷房の設定温度を1度上げる事が出きるし、冬は暖房の設定温度を1度下げる事が出きるのである。
これだけでも途方もなくのCO2排出量を消耗させる事が出きるのである。


たった洋服1枚脱ぎ着するのみで、感覚が変わってくるのであるから不思議なものである。


後はちょっとだけの一試行錯誤をしてCO2排出量を減らしてみるべきだ。
日中日差しが部屋にあたってしまうと、体感温度が高くなるし、室温がアップする。
それにはカーテンやブラインドをつける事で、部屋の温度が高くなる事を防ぐ事が出きる。
またドアを開けっ放しにしておくとせっかく冷やした温度、せっかく暖めた温度が逃げてしまうので、閉める事も対策の1つに成る。


ちょっとだけの試行錯誤だけでCO2の削減につながる。
更に消費電力にもつながる。
家計の節約にもつながるので是が非でも実践して云ってみてはどうだろうか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2排出量削減の必要性について

CO2排出量・・・CO2排出量削減の必要性について

CO2の排出量を消耗させる為には、1人1人が1日1kg消耗させる事を目標にしていく事が肝心だとおもう。

では、1kgと云うのはどれくらいの量の事を指しているのだろうか。
パッと云われてみても把握できない。


まず、車のエコドライブを中心に行ってみるべきだ。
例を挙げると車を発進させる時には、ゆっくり出すようにしてみる。
加速原則を実践する事をあまりしないようにする。
これだけで300gの節約に成るようである。


次に、シャワーを使用するときの水の使い方であるが、シャワーを使用する時には出しっぱなしにしないで頭を洗浄する時にはちょっとシャワーを留めて洗浄するようにして流す時に、シャワーを出すようにするとか節水する事で、ガスの節水にもつながり、300gの節約に成るようである。


また使用していない家電製品はコンセントから抜くようにする。
冷暖房は1度設定温度を変えてみるとか、家電製品を買い換える時には省エネタイプのものにするとかまだ有るが、これだけやってみて1kgのCO2排出量の削減につながるとおもう。


1つ1つやる事は、決して大きい数値にはならない。
しかし積み重ねる事で大きな数値に成る。
また1人が1回やっただけでは駄目であるが、日本中の皆が、世界中の皆がやる事で大きな削減につながっていく。
そうする事で地球温暖化に対して大きな影響をあたえる事が出きるかも知れない。

であるから、ちっぽけな努力を皆で積み重ねていくようにすべきだ。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・エコキュートによるCO2排出量の削減とは?

CO2排出量・・・エコキュートによるCO2排出量の削減とは?

今テレビ等でたくさんCM等にて流れていて皆さんも気付いているであろう[エコキュート]と云うシステムこのエコキュートと云うものは、夜間供給されている電気を使用して、ヒートポンプで湯を沸かしている。
夜間の電気と云うのは割安であるのでランニングコストも低くて済むと思うし、途方もなく環境に優しいシステムだとおもう。

[環境共生]と云う形で、環境と共に生きていくと云う方法を取るようにしているようである。


家庭で使用されているエネルギーは25%が冷暖房、35%が給湯、家電製品に40%と云うような内訳に為ってる。
この35%の給湯分に値するエネルギーをエコキュートでまかなおうと云うわけである。
つまり省エネである。


エコキュートを使用する事で今までの給湯器と比較してエネルギーは30%程消耗されるし、CO2の排出量は50%も削減すると云う事が把握できている。
と云う事は途方もなく地球に優しいシステムだと云う事がお分かりいただけるのじゃないかとおもう。


この[エコキュート]メリットだけを挙げてみたが、デメリットもあるかも知れない。
今ここではそのデメリットにかんしては把握できる事ができないので、色々と担当者の方に聴いてみるとか、口コミホームページを吟味してみるとか色々観てみてはどうだろうか。
今から家を建てようとしている人や、リフォームをしようとしている人はちょっとだけ地球の事を考慮して、[エコキュート]を取り入れるようにしてみてはどうだろうか。



CO2排出量・・・CO2排出量の削減目標とは?

東京都で掲げた地球温暖化対策の目標と云うものを御存知だろうか?東京都は[2020年までに2000年に比較してCO2排出量を25%削減する]と云う目標を挙げているそうである。
これはEU並みの数値だそうで途方もなく高い目標を掲げているようである。
また大きな事業所を対象にしてCO2排出規制条例と云う条例の制定も考慮しているようである。


現状CO2の排出量を削減しようと云うのが世界で共通の課題と為ってるし。
日本国内でもこの問題に真剣に取り組んでいく為に議論が活発化している。
そのような中で日本の中心でもある東京都が掲げた条例案がどういった形で決着がついていくような形に成るのか、その条例が制定された後の日本企業はどういった対応策を講じなければならないのか、本日本中が注目しているようである。


こういったCO2排出量の削減と云うのはよくテレビとかで云われているが、我々の生活をしている中ではなかなかどうしてピンとくるものもないのである。
そこで家庭の中でも出きるCO2排出量の削減術と云うのが有るので、東京都の条例が制定される前にやってみてはどうだろうか。
例を挙げると車を使用する時には近いところだったら歩いていくようにするとか、自転車を使用するようにするとかしてみる。
また、冷暖房の設定を1度変えてみる。
電気の無駄遣いを消耗させるようにする。
たったこれだけで家庭から排出されるCO2の排出量が減少するとおもうので実践してみてはどうだろうか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・エコ製品でCO2排出量を削減する

CO2排出量・・・エコ製品でCO2排出量を削減する

エコ製品を買い付けてCO2の排出量を削減し、CO2ダイエットをしていってみてはどうだろうか。


これから新しく家電製品を買い付ける時に気にして欲しい事が有る。
これが[省エネ]である。
今多種多様な家電製品に於いて省エネ対策、エコ製品等たくさん発売されている。
例を挙げるとエアコンや冷蔵庫等がCM等でも実行している為に耳にしている機会が少なくないのじゃないだろうか。
それを購入の水準にしてみるのもいいとおもう。


この省エネ製品の中には1年の年間電気料が数万円もの差がでる製品も有る。
こうなると古い製品で節約するよりは新しい製品を買い付けたほうが電気代で元がとれると云う事に成るケースの場合もあるのである。


買い付ける際には年間の電気料のお得感を水準にして買い付けるほうが少なくないとおもう。
多分CO2の排出量が減少すると云う事を水準にして買い付けると云う事はあまり無いとおもうが、結果的にこういった省エネ製品を買い付ける事でCO2の排出量を削減する事が出きる。


また、家電製品だけでなく多種多様な領域でエコ製品と云うのが開発、発売されている。
同じ製品を買い付けるのであればちょっとだけエコ製品と云うものを視野に入れて購入を吟味してみてはどうだろうか。
たった選択する時にこれを選択するのみでCO2の排出量を削減出きると云う対策に協力出きると云う事に成る。


常に何かを買い付ける際には[エコ製品][省エネ]と云う言葉をみられるようにちょっとだけ意識を向けるようにしてみて欲しい。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・地球温暖化の原因であるCO2排出

CO2排出量・・・地球温暖化の原因であるCO2排出

近年、地球温暖化と云うのが問題視されている。
この地球温暖化の原因に為ってるものこれがCO2と云われている二酸化炭素の排出によるものだと云われている。


しかし、調査のプロセスに於いて地球温暖化の原因に為ってるものは、それじゃないのじゃないかと云う事も考慮されていたようである。
地球と云うのは昔から温度変化を何回も自然に行ってきていた。
であるからこういった自然現象によるものであるためではないかと云う考えもあったようである。
人間が出しているCO2のせいなのか、自然によるものなのかこういった決断はものすごくむずかしいものだったのじゃないだろうか。


この決断を結論付けたのはIPCC(気候変動にかんする政府間パネル)と呼称されている機関である。
このIPCCでは地球温暖化による現状、これからの将来の予測にかんして吟味していたようである。
そこで出した報告書の中では地球温暖化の原因となったのは人間が人為的に排出してきた二酸化炭素(CO2)の排出による可能性が高いのが理由だとしている。


地球におけるここ100年間の気温アップと云うのは急速に上がってるようである。
これは人間が燃料をエネルギーとして使用するようになった時期と合ってる。
燃料をエネルギーとして使いはじめてから二酸化炭素の排出量は増大してきていたようである。
それと地球の気温が上がってきたのは偶然では決してないとおもわれる。

この状態がつづくと途方もなく危険だと云う事は把握できるとおもう。
であるから何か二酸化炭素の排出量を消耗させる為に対策が必要になってくるのである。



CO2排出量・・・地球温暖化の影響

現状温室効果ガス、つまりCO2排出量の増加による地球温暖化と云う状況が加速している状態だとおもう。


あまりピンと来ない人もいるだろうが、この状態が進んでいくと地球に多大なる影響がでるようになってくるのである。
日本だって例外じゃないのなので他人事みたいにとらえないようにしなければならない。


では地球温暖化が進むとどういった影響がでてくるのだろうか?思い付くレベルで挙げてみたいとおもう。


まず最初は南極や北極の氷が溶ける。
溶けると海水に流れるので海面が少しずつ上がっていくと云う事に成る。

海面が上がると海抜が低い島等が水没してしまう等の被害がおきてしまう可能性が有る。


次に近頃でもみられる現象であるが、異常気象による被害である。
大雨が降ったり、反対に干ばつするくらい降らなかったりと天候が乱れてしまうと農作物にも多大なる影響がでてしまい、最悪のケースの場合食料不足と云う事態に陥ってしまうかも知れない。


現状では温帯地域でしか生起する可能性がない病気等が地域不特定で生起する可能性がでてくる。


等、他人事じゃない事態に陥ってしまう可能性があるのである。


この状況は台風や地震等による自然災害的なケースの場合もおおく有るが、地球温暖化にかんしては人的なものが大幅に影響しているようにおもえる。


我々人間がやらないとならないのは地球を守る為に、温暖化の影響を最小限で留める為に出きるところから改善していく事かも知れない。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-節電編

CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-節電編

我々の日常生活に於いてどのような事をしているのかちょっと振り替えってみて欲しい。
多種多様なところで省エネが出きる状況があるとおもう。

大げさな事は要らないので出きるところからはじめてみてはどうだろうか。


家計を預かる奥さまなら省エネしたら節約にもつながると考慮したら以外と熱も入るかも知れない。

ではここでは節電にかんしての省エネ対策を挙げてみたいとおもう。


まず最初は使用しない電気はこまめに消すべきだ。
テレビは主電源から切る。
電気はつけたままにしない等こまめに切るようにすべきだ。


また、合わせて使用していない電化製品のコンセントを入れておくと待機電力がかかり、CO2が排出されてしまうので可能ならばコンセントは抜こう。


次に冷蔵庫の使い方であるが、物を詰め込みすぎると反対に電力を更に使用してしまうためCO2を排出してしまう。
出きれば冷蔵庫の中身は隙間をあけるようにして効率よく冷やすようにして欲しい。


エアコン等の冷暖房器具であるが、夏は28度、冬は23度と適正温度を守るようにすべきだ。


またエアコンで効率よく効果を得る為にはフィルターもまめに掃除するようにすべきだ。


車を使用するより近場なら歩きとか自転車等を使用してCO2の排出量を少なくするよう心がけよう。


以上のように家庭のちょっとだけの事からCO2の削減が出きると云う事がお分かりいただけるとおもうので、やれるところからやりはじめてみてはどうだろうか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-照明編

CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-照明編

近年地球温暖化防止の為に省エネをしようとかエコとか多種多様な情報が錯綜している。


我々が出きる地球温暖化防止対策として家庭で出されるCO2の排出量を多少なりとも削減出きたらいいのじゃないかとおもう。


そこで家庭の中でも[照明]に焦点をあてて対策を考慮してみたいとおもう。


我々の今の生活の中で照明はどのような時であってもあるものである。
夜は勿論昼間でも照明をつけている場所はたくさん有る。

その昔、照明と云うものが無かった時代と云うのがあったとおもう。
ロウソクやランプ等を使用して明かりを確保していたような感覚が有るが、それは今に比較したら比べようもないくらいに暗かった事だろう。


だからと云って夜の生活で照明を使用するなと云ってる訳でもないのだ。
ちょっと照明にかんしての考え方の視点を変えてみてはどうかとおもうのである。


例を挙げると白熱灯を使用しているところを蛍光灯にするのみでもちがうし、昼間は本当に必要ない限りは外から入る日差しだけに当てにするようにするとかちょっと考え方を変えるだけで電力の消費量を制御する事ができ、CO2の排出量も合わせて制御する事が出きる。


白熱灯と蛍光灯を比較してみると蛍光灯の消費電力は白熱灯の1/6と云われている。
であるから寿命も白熱灯に比較して途方もなくもつのである。


と云う事で次回電球を買い付ける時に意識して蛍光灯にするのみで、省エネが出きると云う事に成る。


ちょっとだけの意識のちがいで省エネが出きるなんて、なんか喜ばしくなってこないか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-暖房編

CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-暖房編

近年地球温暖化防止の為に省エネをしようとかエコとか多種多様な情報が錯綜している。


我々が出きる地球温暖化防止対策として家庭で出されるCO2の排出量を多少なりとも削減出きたらいいのじゃないかとおもう。


そこで家庭の中でも[暖房]に焦点をあてて対策を考慮してみたいとおもう。


寒くなると暖房をつけるように成るとおもうが、推奨されている設定温度と云うのは[20度]だと云われている。
20度って途方もなく低くて寒いのじゃないかとおもう。
そこで暖かく心地よく過ごすための試行錯誤と云うのが必要になってくるとおもう。


暖かい空気と云うのは上のほうに上がってしまう風潮があり、下のほうが寒く実感してしまう。
であるから我々は部屋の下のほうで生活をしているので、どのようなに暖房の温度を上げたとしても天井のほうの温度に比較すると床のほうが低くなると云うわけである。
それを改善してくれるのが扇風機である。
扇風機を上に向けてまわす事で暖かい空気を部屋全体に回してくれるように成るので暖房効率もよくなると云うわけである。


またエアコンで暖かくするよりはコタツのほうが電気消費量も少なくていいとも云われている。
足元を暖める事で寒さを実感しにくくなるからだとおもう。
こたつを使用するケースの場合には上掛けや、こたつの下にマットをひく等して低い設定温度でも充分暖かくなるような試行錯誤をするようにする事が肝心である。


また電気カーペットやハロゲンヒーター等も有るので試行錯誤して使用するようにすべきだ。
そうする事で電気の消費量を消耗させる事ができ、結果的にCO2排出量も消耗させる事が出きると云う事につながるのである。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-洗濯編

CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-洗濯編

我々の生活の中での無駄と云うものはたくさんあるとおもうが、それを無駄だとはなかなかどうして気付かないものだとおもう。


そういう生活の中での無駄を無くしていく事でCO2削減につながっていくとおもう。


ではどういった無駄が我々の生活の中にあるのだろうか?ここでは[洗濯]にかんして考慮してみたいとおもう。


洗濯と云うのは溜めるのが嫌だからと云ってそれとなく毎日してしまうものである。
しかし纏めて(まとめて)洗浄する事で電気の節約とCO2の排出量の削減につながる。
だからと云って途方もなくの量の洗濯物をいっぺんに洗浄してしまうと余計な電気を使用してしまって反対に無駄になってしまう。
適量の量を纏めて(まとめて)洗浄するように気を付けよう。


また洗濯をする時には水をお風呂の残り湯を使用する等試行錯誤しても無駄を削減する事につながるとおもう。


また雨の日や梅雨時期ならばやむを得ないとはおもうが、天気のいい日等は乾燥機なんて使用しないで外で干すようにすると電気代の節約にもなるし、電気を使用しないとCO2も出ないので削減にもつながってくるとおもう。


近頃では洗濯機も乾燥機も節電や節水が出きるようなものが発売されている。
こういったものを買い付けて無駄を省いていくのもいいのじゃないだろうか。


またインターネット等を吟味すると洗濯のこつとか節約に成るような方法とかたくさん記載されているとおもうので是が非でも吟味してみて実践してみてはどうだろうか。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-調理編

CO2排出量・・・CO2排出量削減の為に出きる事-調理編

地球温暖化防止の為にCO2排出量を減らそうと多種多様な対策方法が有るが、毎日家庭で実行されている食事の支度をちょっと試行錯誤するのみでも省エネ対策が出きるって御存知だった?

ここでどうやったら調理をする上で省エネ対策が出きるのかこつをご案内してみたいとおもう。


まず最初は鍋にかける火のアレンジからである。
ガスコンロで火をつよいほうが良いと云って最大最高にして調理する人がいるが、鍋の外にはみ出すくらい火をつよくしても鍋の大きさに収まるくらいの火力にしてもあまり変わらないと云う事が把握できている。
変わらないのであれば鍋の大きさに収まるくらいの火力のほうがガス代とかかからなくていいのじゃないかとおもう

またちょっとだけの事であるが、鍋を使用したあと、よく洗浄してから別の調理にすぐ使用するケースの場合が有るがこの時は鍋の底や中についた水滴は拭き取ってから火にかけるようにすると、水滴を蒸発させるための火を遣わなくて良いので余計なガスを遣わなくて済むと思う。

更にちょっとだけの試行錯誤であるが、野菜をゆでる時には湯を沸かしてゆでるよりは電子レンジを使用して加熱するようにするのみでガスを使用しなくてもいいように成る。
こういったちょっとだけの試行錯誤をするのみで省エネの効果と云うものがでてくるおうに成るとおもう。


あとは、炊飯器に残ったご飯であるがそのまま保温をするのではなく、いっぺん冷凍保存にしておいて口にする時にレンジでチンして口にするほうがより電気代を遣わなくて済むと思う。


こういった具合に毎日の調理に於いてもこれだけするのみでガスや電気の消費を抑え、CO2の削減につながってくるのだとおもう。



  • ホーム
  • »
  • 日記
  • »
  • CO2排出量・・・経済的な運転をして燃料消費を抑える!

CO2排出量・・・経済的な運転をして燃料消費を抑える!

普段日常的に車を使用している人は、運転の仕方をちょっと改善するのみで燃料の消費量を制御する事が出きたり、結果的にCO2の削減につながっていったりするとおもう。


ではどういった運転の仕方をするようにすれば良いのだろうか?ポイントを挙げてみたいとおもう。


[アイドリングをしないようにする]
[急発進しないようにする]
[急加速しないようにする]
[急停車しないようにする]
[余計な荷物を積みっぱなしにしない]
[目的地までのルートを決定させて効率よく進むようにする]

等まだまだ効率よく運転する方法は有る。


また走行中のケースの場合であるが、例を挙げると前方で赤信号になってしまい停車する事が確定だなとおもったケースの場合には、その時点でアクセルを緩めて急がずゆっくりと減速していくようにすべきだ。

それだけでも急ストップと云う行為では紛失する為に燃料の消費を消耗させる事が出きる。


また高速道のように信号がなく留まる必要がないケースの場合ではスピードを上げたり下げたりしないで、常に一定速度で走るようにすべきだ。


しかし、本当はCO2の排出量を制御する為に1番いい方法と云うのは車をあまり使用しない事かも知れない。
出きれば近くへいくためだけなら歩いていくようにするとか、自転車を使用するようにするとかして燃料の消費を制御するのが良いとおもう。
そうする事で健康の為にも運動不足の改善の為にもなるのじゃないだろうか。
そのほうが地球にもお財布にも自身にも優しくなるとおもわないか。





[PR]
  • ノニの効能や効果、口コミ
  • マカの副作用と効能の口コミ
  • 基礎体温グラフ例を無料ダウンロード
  • 生理前の眠気改善法
  • 生理前の腰痛の原因

  • CO2排出量・・・車とCO2排出量の関係

    近頃、ガソリンが高騰している事で車を使用している人にとって、家計に大打撃を食らってる人が少なくないとおもう。
    そのせいか節約の為に車を使用する頻度を少なくしている人も少なくないのじゃないだろうか。
    車を気兼ねなく使用できないと云う事、これは車を使用する人にとっては負担に為ってるのかも知れないが、環境にとってはちょっとだけ負担が減少していると云う事に為ってるかも知れない。
    環境にいい事は気付いていても車は使いたいのである。
    悪循環になってしまうね・・・。


    車をもし今から買い付けるとしたらお勧めしたいのが、燃費が良いと一般的に云われている軽自動車やハイブリッドカーのような燃料の消費量がおおくはない車を選択する事だとおもう。
    これで地球の環境に悪影響をおよぼしている二酸化炭素の排出量を消耗させる事が出きる。


    ハイブリッドカーと云うと、トヨタのプリウスが超有名である。
    燃費も世界最高水準と云われているくらい良くて途方もなくの低燃費と為ってる。
    しかしまだまだ車自体の値段が高いと云うのが現実的なところである。


    ハイブリッドカーとはガソリンと電気モーターを組み合わせている自動車の事を云う。
    イメージ的には電気とガソリンを半分半分で使用する事が出きると云うイメージで良いのかな?とおもう。
    そうする事でガソリンによるCO2排出量はずいぶん減少するのじゃないかとおもう。


    給油する方法もガソリンスタンドで済むみたいのであるし、これからはハイブリッドカーが主流になってくるかも知れない。





    [PR]
  • 紫外線対策と予防、病気の情報
  • 耳鳴り頭痛の原因と症状
  • 頭痛とめまいの原因と症状
  • 妊婦の骨盤矯正エクササイズや体操の効果
  • 脚痩せ(あしやせ)とふくらはぎダイエット

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・環境問題に取り組んでいる企業とは?

    CO2排出量・・・環境問題に取り組んでいる企業とは?

    今、地球温暖化への対策をどうしていくべきとか考慮しているところはたくさんあるとおもうが、こういった問題に多少なりとも貢献していこうと云う考えの企業もあるようである。


    その1つが[アサヒビール]である。
    アサヒビールでは製品を作成する上で生起されるCO2の排出量を消耗させるようにと全国にある工場で省エネルギー効果がある設備導入、燃料も変えていくようにしていき、また排出されたCO2を再活用して使用する等あらゆる発想で貢献しているようである。
    排出されたCO2を再活用すると云う発想はすごいとおもった。
    どうやって再活用しているのかと云うと、排出されたCO2をタンクに溜めておき、それを活用してビンや缶や樽をつめるときの工程で使用するようにしているようであるためである。


    またアサヒビールの工場だけではなく、グループ企業に於いても同じ取り組みをしていくように推進していってるようである。


    その成果もあってか、前年度にくらべてエネルギーや燃料の使用量やCO2排出量は消耗している事が把握出きたようである。


    大きな企業がこういった取り組みをしていくと、いい見本が出きるので同じように取り組もうとする企業が増大してくるとおもう。
    こういった取り組み1つ1つが重なって大きな力になっていくのじゃないだろうか。


    他人事と捕らえない発想、今まであった環境を変えてまで取り組む事ってすごいとおもわないか。
    我々も家庭の中から色々改善して取り組んでいきたいとおもわないか。





    [PR]
  • エプソンの複合機プリンター
  • エプソンプロジェクターのマニュアルやランプシステム
  • エプソンカラリオミー
  • キャノンpixus(ピクサス)の価格比較や口コミ
  • CDやDVDをコピーするお勧めフリーソフト

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・CO2と自動車税制にかんして

    CO2排出量・・・CO2と自動車税制にかんして

    現状、エンジンの排気量に対して自動車税の税額を決定させているが、これからへ平成21年度における税制改正に於いて経済産業省では二酸化炭素(CO2)の排出量を基準にして自動車税の税額を決定させる方式に変えようとしている動きがある事が把握出きた。

    このCO2の排出量とは車の走行距離1キロに対しての排出量として計算されるようである。


    この方法は既に欧州では取り入れはじめている方法らしく、今問題に為ってる地球温暖化に向けての対策と為ってるようで有る。
    しかしそこで問題になってくるのは軽自動車の税額である。
    今までは軽自動車はエンジン排気量が低かった為に税金も安く済んでいたが、CO2排出量で税額が決定するとなるとこのメリットも紛失してしまう。
    そうなると自動車メーカーやドライバー側からの多種多様な反発も予測されるようである。


    現状ガソリン1リットルあたり、2300グラムもの二酸化炭素(CO2)が排出されているようである。
    であるから排出量を消耗させるとなると、ガソリンをあまり使用しないような車、燃費がいい車が推奨されてく。
    ガソリンも消費率が低下してくるはずであるため地球に優しくなると云う考えであるが、地球にもお財布にも優しくなるかも知れないが影響がでる企業も勿論増大してくるとおもうので、まだまだこの税制改正は難航しそうな感覚がする。


    CO2削減がいいのは把握できるが、それに付随する問題も山積みである。
    早く解決してよりよい地球に成るようになればいいのである。





    [PR]
  • 結婚式ヘアアレンジの簡単な仕方・方法
  • ウエディングドレスに似合う髪型とは?
  • ペアストラップのデザインと使い方、ディズニーのキャラクター
  • 結婚式の二次会プチギフトのお勧め品と選び方
  • ウエディングケーキの配達や誕生日ケーキの配達

  • CO2排出量・・・CO2排出量の問題について

    今我々が生きているこの地球では、集中豪雨や台風の上陸、真夏日の最高気温の更新、地震、多種多様な異常気象が日本だけではなく世界中で生じている。


    この原因と為ってるのは地球の温暖化が原因じゃないかとされている。
    地球温暖化の原因と為ってるのはCO2の排出量が増大しているからだとも云われている。
    このままだと恐い地球の未来が待ってるような気がしてならない。
    我々の明るい未来の為に、動物や植物の為に、居住しやすい地球環境を取りもどしていったいものである。


    地球温暖化による影響と云うのは多種多様有る。
    どういうものがあるかと云うと、[気温のアップ][海面のアップ][降水量の増加][冬の季節が短くなる]等まだまだたくさん有る。


    こういった事をただしい状態にもどしていく為には今地球上に生きている人全員が真剣になってこの環境問題に取り組む事が肝心である。
    自身1人だけやらなくてもいいと云う考えは止めよう。
    1人1人のちっぽけな力が大きな力に成るとおもう。


    では何をどう取り組んで云ったら良いのだろうか?地球温暖化の原因に為ってる温室効果ガスと云うのは水蒸気が大たすうをしめている。
    この中でも人為的に排出されている二酸化炭素の増加率がものすごく高いのである。
    であるからこういった二酸化炭素の排出量をちょっとずつでも減らしていったらいいのじゃないかとおもう。


    皆さんも日常生活の中でちょっとだけの試行錯誤をしていってみてはどうだろうか。





    [PR]
  • リクルートインターンの人気企業ランキング
  • 医療事務の年収、時給
  • 文部科学省の小学校英語ノートと指導案
  • 英語学習指導案と小学校や中学校
  • 外国人の就職活動と求人募集

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・我々が出きる温暖化対策とは?

    CO2排出量・・・我々が出きる温暖化対策とは?

    近年、地球温暖化とかCO2の排出量を消耗させるようにしようとか云った言葉を耳にする機会がおおくなった。
    しかしこれは笑い事ではなく真剣に対策に取り組まなくてはならないところまで来ているのじゃないかと実感する。


    しかし我々の中のたった1人が対策をしたとしても多分何も変わらないとおもうが、地球で生きている1人1人が対策をしたらものすごい大きな対策に成るかも知れない。


    であるから、我々が出きるところから少しずつ日常生活を改善してみてCO2の排出量を多少なりとも消耗させるようにしていければいいとおもう。


    まず最初は生活面の見直しからしてみてはどうだろうか。
    下記にどういったものを行っていったらいいかご案内していきたいとおもう。


    ・使用しない家電は主電源から切ろう。

    ・冷蔵庫には詰め込み過ぎないようにすべきだ。
    また冷蔵庫のドアは開けっぱなしにしないようにすべきだ。

    ・エアコンは、近頃云われている夏は28℃、冬は23℃設定にするようにすべきだ。

    ・お風呂の追い炊きは敬遠してできる限り家族全員がつづけて入るようにすべきだ。

    ・カーテンを保温性のものにする等、暖房・冷房効率がよくなるように心がけよう。


    等、電気やガスだけを中心に観てみてもたくさんある事が把握できる。
    生活の中に於いてちょっとだけの事で良いのである。
    些細な事から無駄を省いていくようにしていき、CO2排出量の削減に協力していくようにしないか。





    [PR]
  • ホンダCB1000の最高速や種類、走行性能等
  • オイルエレメントの交換時期や適合表、品番や価格(値段)、販売店等
  • ホンダ オデッセイRBの改造用のカスタムパーツ
  • カローラフィールダーの評価と口コミ
  • スズキのグラストラッカーとビッグボーイの評価等

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・誰にでも出きるCO2排出量の削減術

    CO2排出量・・・誰にでも出きるCO2排出量の削減術

    地球温暖化対策としてCO2の排出量を減らそうとよく多種多様なところで云われているが、それとなく難しく実感してしまい頭に入らず結局何も実行していないと云う事に為ってないだろうか。


    対策はそのようなに難しくないのだ。
    ここでは我々が無理しなくても出きる地球温暖化対策の方法をご案内してみたいとおもう。


    まず気を付ける事は[水を肝心にする事]だとおもう。

    朝晩歯を磨くとき水を出しっぱなしで磨いてはいないだろうか。
    またシャワーを出しっぱなしで頭や体を洗浄したりしていないだろうか。
    面倒かも知れないが、歯磨きの時はコップに水を入れたら留める、体を洗浄する時には留めて流す時に出すようにする等こまめに留めるようにすべきだ。


    次に気を付ける事は[車と上手に付き合おう]と云う事である。
    ガソリンを使用する車はCO2を排出している。
    しかし車には乗りたいのである。
    そこで上手に車と付き合う事で対策をしていければいいとおもう。
    例を挙げると近くにちょっといくだけなら車ではなく歩くようにしたり自転車を使用するようにしたり、遠くに足を運ぶケースの場合にはバスや電車等公共の乗り物を活用したりする等するのみでずいぶん変わってくるとおもう。


    次に[ゴミにかんして]考慮してみたいとおもう。

    スーパーに行ったらレジ袋を断るようにする事からはじめてみてはどうだろうか。

    また洗濯洗剤や台所洗剤等詰め替えがあるものはそちらを買い付けるようにするとゴミが減少する。


    多分無駄だなと実感する事から減らして足を運ぶようにするのみでずいぶん省エネにもCO2削減にもつながってくるとおもうので是が非でも試してみて欲しい。





    [PR]
  • エレキコミックと創価学会、ガーリックや三国志
  • 岡田准一の熱愛相手として噂になったのは?
  • 外国人モデルのマネージャーや事務所、エージェンシー
  • 関ジャニ∞のドリーム小説
  • ヒルトングアム・リゾート&スパの口コミから

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・自動車のCO2排出量について

    CO2排出量・・・自動車のCO2排出量について

    近頃、地球温暖化防止対策をしようと、CO2の排出量を減らそうと云う動きが高まってきている。
    このCO2の排出量が少なくないものの代表として[自動車]と云う印象が我々にはあるとおもう。
    対策するための提案策としては、燃費がいい車に買い換えるとか、車に乗る回数を消耗させるとか、と云う考えが有るが、車を買い替えるにはお金がかかる。
    車に乗る回数を消耗させると車での生活でしか生活してなかった人にとっては途方もなく不便な生活をつよいられる事に成る。
    と問題は山積みであるためではないだろうか。


    では、いったい自動車からはどれくらいのCO2が排出されているのだろうか。
    観てみたいとおもう。


    自動車と云う乗り物はガソリンを燃料としている為にガソリンを燃焼させる事で走る事が出きる。
    この燃焼させる時にCO2が生起してしまうのである。
    であるからシンプルに考慮してみるとガソリンを消費していくほどCO2の排出量もおおくなっていくと云う事に成る。


    ざっくり、ガソリン1Lにたいして、2.3kgのCO2が排出されていると云われている。
    今、人間が1日に排出しているCO2の量は平均6kgと云われている。
    であるからこの2.3kgの車からの排出量と云うのはいかに少なくないか把握できる。


    CO2を削減する目標の数値としては1人1日1kg減と云う事であるので、車の運転をちょっと消耗させるだけで目標が達成出きる事が把握できるとおもう。


    もしくは車を燃費がいい車に変えるだけでも途方もなく効果がでるとおもうので、この機会に改善してみてはどうだろうか。





    [PR]
  • 冠婚葬祭の求人の募集職種や、フラワーコーディネーター、司会役、カメラマン
  • 韓国語検定の願書や過去問題と模範解答をインターネットで無料ダウンロード
  • 秋採用で人気の業種は、公務員や銀行、新聞社やマスコミ、メーカー
  • 無印良品(MUJI)の防災グッズや冷蔵庫、アウトレットや福袋、自転車やめがね等
  • ワールド印刷の倒産の原因、経営戦略、仕入先等

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・家庭からのCO2の排出量にかんして

    CO2排出量・・・家庭からのCO2の排出量にかんして

    近頃、地球温暖化防止対策をしようと、CO2の排出量を減らそうと云う動きが高まってきている。
    このCO2の排出量が少なくないものの代表として[住宅]と云う印象が我々にはあるとおもう。
    では住宅からのCO2排出量を減少させればいいじゃないとシンプルにおもってしまうが、どうやって改善していってみたら良いのだろうか。


    まず、根本的な問題として、家庭から排出されるCO2の排出量と云うのは住宅の性能次第で大幅に変わってくると云うのが把握できているようである。


    例を挙げると、現状の住宅は10~20年前に建てられた住宅と比較してみても冷暖房の設備や暖房が効いた便座等居住しやすくべんりになってきている。
    その分消費されているエネルギーと云うのも増大して云ってるのでCO2の排出量も格段に増大してきているわけである。


    また通常の住宅と高断熱の住宅、オール電化の住宅、太陽光発電システムの住宅と比較してみると太陽光で発電している住宅が1番CO2の排出量が少なく、ついでオール電化、高断熱、通常の住宅と云う結果に為ってる。


    しかし、今現状こういった高性能の住宅に居住していない方にとってはいまさら云われてもどうしようも出きないのである。
    そこで、家庭における電化製品、ガスの使い方を考慮してみてはどうだろうか。
    ちょっとだけのCO2の削減が出きるように成るとおもう。


    意外と家庭から排出されるCO2の量と云うのは少なくないものである。
    人間が生きていく以上仕方がない事かも知れないが、元々はこんなに排出していなかったはずであるためである。
    であるからちょっとでも協力をして地球を守っていくようにしていけたらいいとおもわないか。





    [PR]
  • 結婚式ヘアアレンジの簡単な仕方・方法
  • ウエディングドレスに似合う髪型とは?
  • ペアストラップのデザインと使い方、ディズニーのキャラクター
  • 結婚式の二次会プチギフトのお勧め品と選び方
  • ウエディングケーキの配達や誕生日ケーキの配達

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・ディーゼル車とCO2排出量について

    CO2排出量・・・ディーゼル車とCO2排出量について

    日本では石油をたくさん使用しているが、その需要の100%近い値を輸入でまか為ってるのが現状である。

    そのうちのガソリン・ナフサの需要が25%に上ってるが、近年需要がだんだん増大している風潮にあり、25%の需要ではまかなえ切れないところま出きている。


    ガソリンと云うのは石油を精製して造られているもので、その工程時にCO2がたくさん生起されている。
    また現状では生成された重油から不足分のガソリンを再精製している為に、ダブルでCO2の排出量が増大していると云う事に成る。

    こう観てみると、我々の車が走るまでに途方もなくCO2が排出されている事になり、車が走る事で更にCO2が排出されていると云う事が把握できるとおもう。


    この精製工程におけるCO2排出量を削減する為には、軽油の需要が高まる事が良いと云う事、ガソリンや軽油の需要がベスト化されればいいと云う事が条件に成るのじゃないかと云われているのである。


    そこで、役立つのがディーゼル車じゃないだろうか。
    ディーゼル車はガソリン車に比較して燃費がものすごくよく、燃料の消費量も途方もなくちがいおおくはないのである。
    現状日本中を走ってる車の大たすうがガソリン車であるので、全体の1割がディーゼル車に成るだけでも途方もなくのCO2排出量が削減出きるのじゃないかと云う考えもあるようであるが、そこまでディーゼル車が普及するには難しそうである。
    しかし、おのおの動車メーカー等が近年、ディーゼル車の販売強化を吟味していると云う背景もあるようである。


    地球温暖化対策にディーゼル車。
    これはちょっと興味がある出来事かも知れない。





    [PR]
  • 私立大学の入試難易度低下の現状
  • ノースアジア大学の偏差値、騒動と退学処分、週刊新潮、創価学会
  • 就活の封筒の色と書き方のルール
  • 卒業式の祝詞の文例と書き方、テンプレート
  • ベネッセの中学講座会員サイトと進研ゼミ、プラスi(プラスアイ)

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・ディーゼル車によるCO2排出量の低下について

    CO2排出量・・・ディーゼル車によるCO2排出量の低下について

    ディーゼルエンジンと云うのは地球に途方もなく優しい内燃機関だと云う事を御存知だろうか?

    なぜ地球に優しいと云うのが問題に為ってるかと云うと、21世紀に突入してから地球温暖化が原因に為ってるとおもわれる異常気象が世界各国で頻発している。

    その為に地球温暖化の原因と為ってるCO2排出量を削減するための対策を世界規模で行わなければならないところま出きているのである。


    では、CO2排出はどういったところから排出されているのだろうか?1番超有名なところで云うと自動車から排出されるCO2の排出量と云うのが問題視されている。
    CO2の排出量を削減する為には車を乗らない事、車を無くしていく事が良いのであるが、現実問題我々の今の生活の中から車を無くすと云う事はまず不可能だと云う事は言われなくても把握できる。

    であるから車を無くさなくてもいい方法で考慮していくしかないのである。
    そこで注目されたのがディーゼル車である。
    ディーゼル車はガソリン車に比較してCO2の排出量がものすごく少なく更に燃費もいい為に、お財布にも地球にも優しいのである。


    ディーゼル車では軽油を使用する。
    石油からガソリンを燃料精製する工程、石油から軽油を燃料精製する工程でもCO2は排出されるがこのケースの場合に於いてもCO2の量は全然ちがうとされている。


    であるからガソリン車からディーゼル車に変わるとCO2が低減されると云う事に成るのであるが、この考えが車ユーザーに浸透していくかどうかはこれからの対策次第じゃないかとおもう。





    [PR]
  • 郵便局の外貨両替のレートは一般銀行よりも有利
  • 三菱東京の為替レートと五十嵐レポートが人気の秘密
  • 銀投資の狙い目と魅力的な理由
  • ピースマイルのマタニティグッズ、たまひよ、コンビ、イベント、キッズ
  • ベビー用品専門の店舗なら東京だ

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・温暖化防止を家庭で行いCO2の排出量を削減する-その3

    CO2排出量・・・温暖化防止を家庭で行いCO2の排出量を削減する-その3

    ≪家庭で気楽にはじめられる温暖化対策≫
    家庭で減らせるCO2の排出量は微々たる物かも知れない。
    しかし以下の事を参照事項として家庭で温暖化対策をして、CO2の排出量を消耗させるようにしていこう。


    ★炊飯器の保温
    炊飯器の保温機能はべんりであるため1日位ならと保温してしまうケースが少なくないとおもうが、ちょっと面倒でもご飯が残ったら冷凍保存するようにすべきだ。
    レンジでチンする事で美味しくいただけるし、電気の消費量もCO2の排出量も少なくなる。


    ★テレビ
    テレビってついつい、何も観たいものがないのにだらだらと付けっぱなしにしてしまう。
    それも家にいる間中ずっとと云う事も少なくないのじゃないだろうか。

    そうすると電気を無駄に消費している事に成るのでCO2の排出も無駄だと云う事に成る。
    これでは地球に優しくないのだ。
    観ない時間はできる限り消す!これだけで電気の消費も少なくなり、CO2の排出量も消耗させる事が出きるように成る。


    ★車
    ちょっと人を待ってるから車を留めているだけとか云って、エンジンを切らずにいる車がおおくいるようであるが、これこそ排気ガスをたくさん排出している。
    長時間の駐車や停車をする際には、エンジンを切る!これを心がけよう。


    ★お風呂の残り湯
    お風呂の残った水を洗濯で使用するようにするのみでもCO2の排出量を消耗させる事が出きるそうである。
    ちょっと面倒でもただ捨てるのではなくて適切活用するようにすべきだ。





    [PR]
  • ネットショップ開業方法
  • おすすめの無料(フリー)スケジュール共有ソフトは?
  • マイクロソフトやWebデザインのパソコン資格の取り方
  • シンプルなHPテンプレートを無料でダウンロード
  • パワーポイントのテンプレートを無料ダウンロード

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • CO2排出量・・・温暖化防止を家庭で行いCO2の排出量を削減する-その2

    CO2排出量・・・温暖化防止を家庭で行いCO2の排出量を削減する-その2

    ≪家庭で気楽にはじめられる温暖化対策≫
    家庭で減らせるCO2の排出量は微々たる物かも知れない。
    しかし以下の事を参照事項として家庭で温暖化対策をして、CO2の排出量を消耗させるようにしていこう。


    ★スーパーの買い物袋
    スーパーで買い物等を常日頃するとおもうが、袋を持参してビニール袋をもらわないようにしたりとか、過剰包装していないような製品を選定したりするとかするようにすべきだ。
    この袋や包装紙は家庭ではすぐゴミとなり、ゴミを増やしそれを燃やすとCO2の量も増大すると云う事に成るからである。


    ★冷暖房の設定
    近頃の夏は本当に暑くてつい冷房も最低温度で設定してしまう日が有る。
    しかしその熱がCO2の排出量を増やしているのである。
    であるから夏は冷房の設定を1℃ずつ高くしてみて、冬は暖房の設定温度を1℃ずつ低くしていってみたらいいとおもう。

    また扇風機や洋服等他で試行錯誤が出きるようならできる限り冷暖房に頼らないような生活にするようにしていくよう努力していってみてはどうだろうか。


    ★シャワー
    シャワーを出す時間を少しずつ減らしていってみるべきだ。
    シャワーを浴びる際面倒だからとついつい出しっぱなしにして体を洗浄したり、髪を洗浄したりしてしまう。
    それを洗浄している間はシャワーを留めて置くようにするのみで、CO2の削減が出きるように成るので実践していくように心がけよう。
    家族皆で少しずつシャワーを留めて洗浄する事に慣れるようにしていくだけで地球を救う事が出きるかも知れない。





    [PR]
  • JALパックで人気の高い観光地
  • ユナイテッドマイレージの特典や海外旅行
  • グランドハイアットバリの口コミや旅行記
  • リムジンチャーターとハワイ挙式、セルリアンブルー沖縄と料金
  • イーストボーイ通販と女子高生のスクールバッグ

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • ≪CADスクール≫ CADスクールに足を運ぶ前に!

    ≪CADスクール≫ CADスクールに足を運ぶ前に!

    CADスクールに通いたいとおもってる方へ。

    いったいCADって何なのだろうか?

    製図の作成や図面の作成等少し前までは人の手で行っていた為に途方もなく時間がかかる仕事だったのであるが、近頃はコンピューターを活用する事で短時間かつ正確に仕事出きるようになってきた。

    このコンピューターを使用した設計や製図の処理を「Computer Aided Design & Draft」と言い、この言い方が短縮されてCADと呼称されるようになったのである。

    本来製図等を作成するのには製図台と云ったものを使用して行ってきていたが、長年の経験と細やかな神経が要求される仕事の上に、1人前として認められるまで何年もかかるような感じだった。

    しかしながら、CADを使用する事によりあるレベルの基礎知識さえあれば、誰でも正確に図面がかけるようになったのである。

    であるから今まで専門的過ぎてむずかしいと云われていた職業だったが今ではだれもが目指しやすい職業として扱われるように成った。
    しかしながら、CADを使いこなすにはやっぱりあるレベルの基礎知識は必要じゃないかとおもう。

    1番いいのはやっぱり直接教えてもらう事が出きるスクールに通う事じゃないかとおもうが、スクールにとおったからと云ってすぐにCADが使用可能に成る訳ではなく、やっぱりあるレベルの練習を積み重ねていく事で使用可能に成るのだとおもう。

    CADに興味をもってみたならまず最初はチャレンジする事からはじめてみてはどうだろうか。




    [PR]
  • ミッシーボーテのコースの時間と料金
  • ヤフービューティーとクレンジングオイル、美容室、コスメやダイエット
  • シールを使用したシンプルな押し花ネイルの作り方
  • 化粧品原料の基準値や成分
  • ANAインターコンチネンタルホテル東京の会社概要やプロミネンス、ビアガーデン

    • ホーム
    • »
    • 日記
    • »
    • ≪CADスクール≫ これからの時代に求められるCADについて

    ≪CADスクール≫ これからの時代に求められるCADについて

    CAD技術者やCADオペレーターとして働きたいと考慮している人は勿論いるかとおもう。
    これらの職業はこれからの時代求められる職業の1つじゃないかとおもう。

    しかしながら、これらの職業に就く為にはCADのソフトが使えなくてはならない。

    まず、とっかかりとしてはスクールに入ってガッツリと基礎知識を学習したり、通信教育を受けて知識を学習したりした上で建設会社や設計事務所等で活動して経験を積むのが一般的じゃないかとおもう。

    この仕事に就く為には国家資格みたいな資格は必用が無いのであるが、実技試験もあるCAD活用技術者の1級とかもってると就職に有利だったり、転職に有利だったりするとおもう。

    現状CADを扱う仕事は少なくないのに、要員が足りないと云う現状のようである。
    現状CADを使用している業種には幅が拡大してきており、多方面に渡って活動する事が出きる為、設計事務所や建築会社等でしか活動できないと云う事は今やないのだ。

    まず基礎知識を身に付ける事からはじめる事が良いとおもう。各スクール等では以下の職業に対する授業内容を繰り広げているので興味があるかたは問い合わせ等してみてはどうだろうか。
    ≪CADを使用できる職業≫
    CADオペレーター
    テクニカルサポーター
    CAD設計技術者
    マニュアルライター
    業界カタログ製作者
    CADインストラクター

    まだ多種多様あるかとはおもうが殊更には以上のような職業じゃないかとおもう。




    [PR]
  • ドアクローザーのアレンジと価格 構造と修理
  • 収入印紙の貼り方と詐欺
  • リサイクルマークの種類と社会問題、廃棄物の意味と規定
  • レインポンチョとアウトドア(outdoor)や自転車
  • 一人暮らしの家計簿で上手な節約術

  • このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
    Copyright © 日記 | 日刊!うんちく仙人の情報局 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます