普段日常的に車を使用している人は、運転の仕方をちょっと改善するのみで燃料の消費量を制御する事が出きたり、結果的にCO2の削減につながっていったりするとおもう。


ではどういった運転の仕方をするようにすれば良いのだろうか?ポイントを挙げてみたいとおもう。


[アイドリングをしないようにする]
[急発進しないようにする]
[急加速しないようにする]
[急停車しないようにする]
[余計な荷物を積みっぱなしにしない]
[目的地までのルートを決定させて効率よく進むようにする]

等まだまだ効率よく運転する方法は有る。


また走行中のケースの場合であるが、例を挙げると前方で赤信号になってしまい停車する事が確定だなとおもったケースの場合には、その時点でアクセルを緩めて急がずゆっくりと減速していくようにすべきだ。

それだけでも急ストップと云う行為では紛失する為に燃料の消費を消耗させる事が出きる。


また高速道のように信号がなく留まる必要がないケースの場合ではスピードを上げたり下げたりしないで、常に一定速度で走るようにすべきだ。


しかし、本当はCO2の排出量を制御する為に1番いい方法と云うのは車をあまり使用しない事かも知れない。
出きれば近くへいくためだけなら歩いていくようにするとか、自転車を使用するようにするとかして燃料の消費を制御するのが良いとおもう。
そうする事で健康の為にも運動不足の改善の為にもなるのじゃないだろうか。
そのほうが地球にもお財布にも自身にも優しくなるとおもわないか。





[PR]
  • ノニの効能や効果、口コミ
  • マカの副作用と効能の口コミ
  • 基礎体温グラフ例を無料ダウンロード
  • 生理前の眠気改善法
  • 生理前の腰痛の原因