地球温暖化防止の為にCO2排出量を減らそうと多種多様な対策方法が有るが、毎日家庭で実行されている食事の支度をちょっと試行錯誤するのみでも省エネ対策が出きるって御存知だった?

ここでどうやったら調理をする上で省エネ対策が出きるのかこつをご案内してみたいとおもう。


まず最初は鍋にかける火のアレンジからである。
ガスコンロで火をつよいほうが良いと云って最大最高にして調理する人がいるが、鍋の外にはみ出すくらい火をつよくしても鍋の大きさに収まるくらいの火力にしてもあまり変わらないと云う事が把握できている。
変わらないのであれば鍋の大きさに収まるくらいの火力のほうがガス代とかかからなくていいのじゃないかとおもう

またちょっとだけの事であるが、鍋を使用したあと、よく洗浄してから別の調理にすぐ使用するケースの場合が有るがこの時は鍋の底や中についた水滴は拭き取ってから火にかけるようにすると、水滴を蒸発させるための火を遣わなくて良いので余計なガスを遣わなくて済むと思う。

更にちょっとだけの試行錯誤であるが、野菜をゆでる時には湯を沸かしてゆでるよりは電子レンジを使用して加熱するようにするのみでガスを使用しなくてもいいように成る。
こういったちょっとだけの試行錯誤をするのみで省エネの効果と云うものがでてくるおうに成るとおもう。


あとは、炊飯器に残ったご飯であるがそのまま保温をするのではなく、いっぺん冷凍保存にしておいて口にする時にレンジでチンして口にするほうがより電気代を遣わなくて済むと思う。


こういった具合に毎日の調理に於いてもこれだけするのみでガスや電気の消費を抑え、CO2の削減につながってくるのだとおもう。