水道の使い方をちょっと変えてCO2排出量を削減してみないか?

例を挙げると、シャワーを1分間出しっぱなしにしたケースの場合、どれくらいの量の水が使用されているか御存知であるか?水1分間出しっぱなしにすると10リットルもでる事に成る。
シャワーを10分間使用したらそれだけで100リットル、ペットボトル50本分に成る。
それだけ無駄に水を使用していると云う事であるためである。


しかも、シャワーを使用すると云う事は湯を使用すると云う事である。
であるから、湯を沸かすのにはガスを使用するし、水道の水を蛇口へ送り込むのには電気を使用する事に成る。


であるからその分CO2をたくさん排出していると云う事に成るのである。
だからシャワーを浴びる時に頭を洗浄しているほんの2~3分の間でもシャワーを留めてみないか?それだけでも途方もなくの量の水を節約する事が出きるし、途方もなくの量のCO2の排出量を消耗させる事が出きるのである。


またそれだけでなく、お風呂の湯船で使用した湯を洗濯に再活用したりするのも友好的だとおもう。
またシャワーを浴びる時に使用するシャワーヘッド等も使用する事が出きる。
近頃は多種多様なシャワーヘッド等も売ってるので是が非でも試してみて欲しい。


こういった節水を心掛ける為に、国土交通省のホームページに[365日の節水マニュアル]と云う節水をするための豆知識情報が掲載されているみたいのであるため、どういった節水方法があるのか是が非でも参照事項としてみて試してみてはどうだろうか。