近頃、地球温暖化防止対策をしようと、CO2の排出量を減らそうと云う動きが高まってきている。
このCO2の排出量が少なくないものの代表として[自動車]と云う印象が我々にはあるとおもう。
対策するための提案策としては、燃費がいい車に買い換えるとか、車に乗る回数を消耗させるとか、と云う考えが有るが、車を買い替えるにはお金がかかる。
車に乗る回数を消耗させると車での生活でしか生活してなかった人にとっては途方もなく不便な生活をつよいられる事に成る。
と問題は山積みであるためではないだろうか。


では、いったい自動車からはどれくらいのCO2が排出されているのだろうか。
観てみたいとおもう。


自動車と云う乗り物はガソリンを燃料としている為にガソリンを燃焼させる事で走る事が出きる。
この燃焼させる時にCO2が生起してしまうのである。
であるからシンプルに考慮してみるとガソリンを消費していくほどCO2の排出量もおおくなっていくと云う事に成る。


ざっくり、ガソリン1Lにたいして、2.3kgのCO2が排出されていると云われている。
今、人間が1日に排出しているCO2の量は平均6kgと云われている。
であるからこの2.3kgの車からの排出量と云うのはいかに少なくないか把握できる。


CO2を削減する目標の数値としては1人1日1kg減と云う事であるので、車の運転をちょっと消耗させるだけで目標が達成出きる事が把握できるとおもう。


もしくは車を燃費がいい車に変えるだけでも途方もなく効果がでるとおもうので、この機会に改善してみてはどうだろうか。





[PR]
  • 冠婚葬祭の求人の募集職種や、フラワーコーディネーター、司会役、カメラマン
  • 韓国語検定の願書や過去問題と模範解答をインターネットで無料ダウンロード
  • 秋採用で人気の業種は、公務員や銀行、新聞社やマスコミ、メーカー
  • 無印良品(MUJI)の防災グッズや冷蔵庫、アウトレットや福袋、自転車やめがね等
  • ワールド印刷の倒産の原因、経営戦略、仕入先等