日本では石油をたくさん使用しているが、その需要の100%近い値を輸入でまか為ってるのが現状である。

そのうちのガソリン・ナフサの需要が25%に上ってるが、近年需要がだんだん増大している風潮にあり、25%の需要ではまかなえ切れないところま出きている。


ガソリンと云うのは石油を精製して造られているもので、その工程時にCO2がたくさん生起されている。
また現状では生成された重油から不足分のガソリンを再精製している為に、ダブルでCO2の排出量が増大していると云う事に成る。

こう観てみると、我々の車が走るまでに途方もなくCO2が排出されている事になり、車が走る事で更にCO2が排出されていると云う事が把握できるとおもう。


この精製工程におけるCO2排出量を削減する為には、軽油の需要が高まる事が良いと云う事、ガソリンや軽油の需要がベスト化されればいいと云う事が条件に成るのじゃないかと云われているのである。


そこで、役立つのがディーゼル車じゃないだろうか。
ディーゼル車はガソリン車に比較して燃費がものすごくよく、燃料の消費量も途方もなくちがいおおくはないのである。
現状日本中を走ってる車の大たすうがガソリン車であるので、全体の1割がディーゼル車に成るだけでも途方もなくのCO2排出量が削減出きるのじゃないかと云う考えもあるようであるが、そこまでディーゼル車が普及するには難しそうである。
しかし、おのおの動車メーカー等が近年、ディーゼル車の販売強化を吟味していると云う背景もあるようである。


地球温暖化対策にディーゼル車。
これはちょっと興味がある出来事かも知れない。





[PR]
  • 私立大学の入試難易度低下の現状
  • ノースアジア大学の偏差値、騒動と退学処分、週刊新潮、創価学会
  • 就活の封筒の色と書き方のルール
  • 卒業式の祝詞の文例と書き方、テンプレート
  • ベネッセの中学講座会員サイトと進研ゼミ、プラスi(プラスアイ)