ディーゼルエンジンと云うのは地球に途方もなく優しい内燃機関だと云う事を御存知だろうか?

なぜ地球に優しいと云うのが問題に為ってるかと云うと、21世紀に突入してから地球温暖化が原因に為ってるとおもわれる異常気象が世界各国で頻発している。

その為に地球温暖化の原因と為ってるCO2排出量を削減するための対策を世界規模で行わなければならないところま出きているのである。


では、CO2排出はどういったところから排出されているのだろうか?1番超有名なところで云うと自動車から排出されるCO2の排出量と云うのが問題視されている。
CO2の排出量を削減する為には車を乗らない事、車を無くしていく事が良いのであるが、現実問題我々の今の生活の中から車を無くすと云う事はまず不可能だと云う事は言われなくても把握できる。

であるから車を無くさなくてもいい方法で考慮していくしかないのである。
そこで注目されたのがディーゼル車である。
ディーゼル車はガソリン車に比較してCO2の排出量がものすごく少なく更に燃費もいい為に、お財布にも地球にも優しいのである。


ディーゼル車では軽油を使用する。
石油からガソリンを燃料精製する工程、石油から軽油を燃料精製する工程でもCO2は排出されるがこのケースの場合に於いてもCO2の量は全然ちがうとされている。


であるからガソリン車からディーゼル車に変わるとCO2が低減されると云う事に成るのであるが、この考えが車ユーザーに浸透していくかどうかはこれからの対策次第じゃないかとおもう。





[PR]
  • 郵便局の外貨両替のレートは一般銀行よりも有利
  • 三菱東京の為替レートと五十嵐レポートが人気の秘密
  • 銀投資の狙い目と魅力的な理由
  • ピースマイルのマタニティグッズ、たまひよ、コンビ、イベント、キッズ
  • ベビー用品専門の店舗なら東京だ