ペット店に行ってみると可愛い犬や猫がたくさんいる。
ついつい可愛さに負けて飼ってしまう方もすくなくないのだ。
殊更に犬は愛らしくて無邪気で賢い動物である。
しつけを上手にする事で一緒に共存しやすくもなるし、こちらの云ってる事も少しは把握してくれてコミュニケーションが取れる様に成る。
こうなると可愛さも倍増する。
しかし一歩間ちがえたしつけをしてしまうと、問題行動を起こしてしまう犬になる。
であるから犬を飼う時には飼い主側にキッチリとした知識をもっておかなくてはいけないのである。
しつけの仕方が分からないと、動物病院等で対話してみるのも良いとおもうし、動物病院以外でもしつけを教えてくれる教室等も有るので活用してみると良いだろう。
人間の子供も「三つ子の魂百まで」と云う諺がある様に、小さい内にガッツリとしつける事が肝心に成る。
大幅になってからしつけるのも無理じゃないのだが、たいへんな苦労を結びつく事に成るので初めの1年位でガッツリとしつける様にしよう。
とにかく、可愛い可愛いと可愛がるだけではなくて、ダメな事をしたらガッツリと叱る。
遊ぶ時は思いっきり遊ぶ。
誉める時は誉めると云う様にメリハリをつける事が肝心である。
そうしないとワガママな犬に発達して、云う事を聴かない、多種多様な所を咬みまくる、飼い主に噛みつくと云った事になる。
「うちの子に限って」と甘く見ずにガッツリとした予備知識をもった上で犬やペットを飼うようにしてはどうだろうか。



PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。