HDがクラッシュすると云うのは、突如やってくるものである。

そういうときの為にそなえてバックアップをしておく必要が有る。


バックアップを取るのには記憶装置が必要である。


記憶装置とは、[CD-ROM]、[CD-R/RW]、[DVD-ROM]、[DVD-R/RW]、[DVD-RAM]等の事を指する。

これは、光学ドライブと呼称されるものである。
これらにかんして解説する。


CD-ROM、DVD-ROMの二つはROM=Read Only Memoryの通り、詠み込み専用の記憶装置である。

これらの記憶装置が使用できる様に、コンボドライブと表示されているパソコンかCD-RW/DVD-ROMのように並べて表示してあるものを買い付けるようにした方が良いとおもう。


また、DVDの編集をしたい方は、DVD-RWもしくはDVDマルチが出きるものを買い付ける事をおすすめする。


外付けのHDと云うのは、内蔵型のHDと相対して呼称されているものである。

通常、デスクトップでは3.5インチ、ノートでは2.5インチのHDが内蔵されている。
しかしデータを使用している人にとっては容量が足りなくなるケースが有る。
そういう時にべんりなのが外付けのHDである。


また、FDDと云うフロッピーディスクドライブは昔からある記憶装置であるが、容量が多くはないため保存媒体には向かないとおもう。


後はMOドライブと云うものも有る。
FDDに比較して保存容量が大容量のためバックアップを取るのにはいいとおもう。

容量は128MB~1GBを超越するものも有る。



PR

専業主婦の不眠症改善方法