HD(ハードディスク)はパソコンのパーツの中でも壊れやすく、使用していると絶対にと云っていいほどクラッシュする。

クラッシュすると最悪のケースの場合、HDの中にあるデータは失われてしまう。


データを復旧させるにはデータ復旧ソフトで復旧する事が可能であるが、これはHDが認識する事が大前提であるのでクラッシュしてHDそのものが故障してしまうと認識出きないのでツールを使用する事が不可能となる。


と云う事から考慮してもHDは消耗品である事が把握出きるとおもう。


であるので、常にバックアップを取っておく必要が有る。


基本的にハードディスクは修理出きない。

パソコンを修理にだしたケースの場合でHDを交換する必要があるとデータは完璧に失われてしまって復旧する事ができなくなる。

HDはお金を出して交換すれば元にもどるが、中に入ってる肝心な情報類は復旧できなくなるのである。

殊更に写真等の画像は失ったら大損失以外の何者でもないとおもう。


ハードディスクはいつ壊れるか把握出きる事ができないのでCD-RやDVD-R等の記憶装置にバックアップしておく事が肝心だとおもう。


バックアップはついつい面倒であるため怠りがちであるが、書類等は再作成すれば元にもどるかも知れないが、画像等の重要なものだとしたらお金をかけてでも復旧してもらわなくてはならなくなるかも知れないので、いかに大事な事かと云う事がお分かりいただけるとおもう。


故障したパーツ類は交換すれば新しくなるが、失ったデータは交換しても元にもどらない。



PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!