HDがクラッシュしたときの為に、データ修復の注意点を談じたいとおもう。

壊れたHDを直接復旧処理してしまうのは、ものすごく危険な事だとおもう。

通常はHDの中身を一旦別のシステムにバックアップしてから処理する。

これをしないと処理中に何か問題でもおきると、オリジナルそのものを壊してしまう事になり中にあるデータの修復が不可能と云う事に成る。


こういう事を、キッチリとやってくれる信用出きるデータの復旧業者を選ばなくてはならないとおもう。

選定のポイントとして以下の事項を挙げるので参照事項としてみて欲しい。


★データ修復仕事は自社内で実践するのか、他社に委託して仕事させるのか

★データ修復にかんして最新の技術をもってるかどうか
データ修復する施設や設備はどう為ってるのか

これは、パソコンと云うのは常に進化しているものである。
それに対応出きる技術があるのかどうかと云う決断材料に成る。


★過去にどういった修復仕事を行ってきたかの成果の確認
年間何件ぐらいの仕事を行ってるのか

同業者は一杯いるとおもう。
その中でもどういった成果を挙げているのかはポイントに成るとおもう。


★漏出の危険性があるため、データの管理は厳重に行ってるのか?
納品後、業者に預けたデータは消去してくれるのか?と云うデータの扱い。


個人情報漏洩等がうるさい近頃、セキュリティー面はどう為ってるのか重要なポイントである。


お金をかけてデータの復旧を依頼するのであるから、信用出きる業者を選定する事が肝心だとおもう。



PR

専業主婦の不眠症改善方法