HDDのクラッシュを未然に防いだり、クラッシュ予測出きるようなソフトウェア等があったりしたらすごくべんりである。

ハードディスクっていつ壊れるか分かる事ができないのである。

ハードディスクに何かしらアクセスがあったケースの場合(例を挙げると大きいファイルの書き込み、多量ファイルの書き込み等)、それを予測して教えてくれる機能がついている等・・・・・・

パソコンには、デフラグと云う機能が有るが、まず最初はこれを実践するようにして欲しい。

デフラグをいっぺんも行ってない方がクラッシュする危険度が増する。

1~2ヶ月に1回くらいのデフラグ仕事は継続的に実践するのが良いだろう。


また、クラッシュを予測して教えてくれるソフトと云うのは聴いた事がないのだが、処理内容として全てのクラスタを監視して教えると云うのだけでも途方もなくパソコンに負荷がかかり重くなる。

仮にそういうソフトがあったとして、即効性を求めるのであれば常時クラスタ監視をする必要があるし、監視するのに常にアクセスしている状態だと寿命も短くなるだろう。


ハードディスクのクラッシュの予測事態は途方もなくむずかしい事である。

多量にファイルを書き込んだだけではクラッシュはしないのである。


ヘッドには滑らかにする為に潤滑油を使用している。

この潤滑油が使用されないでいるとヘッドにたまって行き動かなくなって、たまたまシフトさせた時にHDを傷つけると云う事である。

例を挙げるとずっとパソコンを使わずに1年に1回!1文字だけ書き込んだらこういう状態に成るとおもう。



PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!