ハードディスクがクラッシュすると云う経験は、多かれ少なかれ経験している人はいるとおもう。
突如クラッシュと思いがちであるがよく思い返してみると何らかの予兆があったようにおもう。


例を挙げるとであるが、急にハードディスクの起動が遅くなる。
ハードディスクにファイル等データを書き込もうとした時に、失敗するケースの場合が増大してきた、等である。

このとき、パソコンを再起動すると正常の状態にもどるのであまり深く考えずに安心しがちであるが、これが大きな間ちがいだったのかも知れない。


もし、パソコンのハードディスクの状態が何時もとちがうなっておもった時点で、データ復旧業者に観てもらうなり、ご自身でバックアップを取るなりしていればハードディスクが完璧に壊れて復旧不可能の状態に成る事はなかったとおもう。


ハードディスクが破損すると思わぬ悲劇に見舞われたりする。

1番大きな被害は、今まで肝心に累積してきたデータの消滅等である。
家計簿やデジカメの画像、メール等多種多様な情報がある事だろう。


ハードディスクが破損したケースの場合、ソフトウェア等は再インストールすれば元通りに使用できるわけであるから時間はかかるが、大きな被害とは云えないとおもう。

しかし、データは2度と再構築出きないものの方が少なくないのであるので莫大な被害と云う事に成ると云える。


こうなる前に、多少なりとも何時もとちがうとおもったらハードディスクの診察を業者に受けさせる等して対策を取る事をおすすめする。



PR

専業主婦の不眠症改善方法