近年地球温暖化防止の為に省エネをしようとかエコとか多種多様な情報が錯綜している。


我々が出きる地球温暖化防止対策として家庭で出されるCO2の排出量を多少なりとも削減出きたらいいのじゃないかとおもう。


そこで家庭の中でも[暖房]に焦点をあてて対策を考慮してみたいとおもう。


寒くなると暖房をつけるように成るとおもうが、推奨されている設定温度と云うのは[20度]だと云われている。
20度って途方もなく低くて寒いのじゃないかとおもう。
そこで暖かく心地よく過ごすための試行錯誤と云うのが必要になってくるとおもう。


暖かい空気と云うのは上のほうに上がってしまう風潮があり、下のほうが寒く実感してしまう。
であるから我々は部屋の下のほうで生活をしているので、どのようなに暖房の温度を上げたとしても天井のほうの温度に比較すると床のほうが低くなると云うわけである。
それを改善してくれるのが扇風機である。
扇風機を上に向けてまわす事で暖かい空気を部屋全体に回してくれるように成るので暖房効率もよくなると云うわけである。


またエアコンで暖かくするよりはコタツのほうが電気消費量も少なくていいとも云われている。
足元を暖める事で寒さを実感しにくくなるからだとおもう。
こたつを使用するケースの場合には上掛けや、こたつの下にマットをひく等して低い設定温度でも充分暖かくなるような試行錯誤をするようにする事が肝心である。


また電気カーペットやハロゲンヒーター等も有るので試行錯誤して使用するようにすべきだ。
そうする事で電気の消費量を消耗させる事ができ、結果的にCO2排出量も消耗させる事が出きると云う事につながるのである。